花の山、平標山から仙ノ倉山登山へ~2~

2013年6月9日(日)。

花の百名山、平標山から仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭登山へ行って来ました。

つづきです。

DSC01697

1784メートルの鞍部まで一気に急降下します。
中央に白っぽく点のようにみえているところが避難小屋です。

 

DSC01698

シラネアオイ

DSC01699

どんどん下ります。
帰りが大変そうですね。

主稜線縦走の単独者とすれ違いました。

DSC01700

 

DSC01701

20分弱で鞍部まで降りて来ました。

DSC01702

エビス大黒避難小屋

DSC01703

100メートルほど登ればいいだけですが意外遠くに見えます・・・・・

DSC01705

登山道脇にシラネアオイがたくさん咲いていますが
まだ開ききっていません。

DSC01706

DSC01707

最初の岩陵を超えます。

DSC01709

ミツバオウレンがとてもたくさん咲いています。

DSC01710

若い女性の単独者とすれ違い・・・・
一人で主稜線を歩いてきたのですか~。
タフですね~。

DSC01711

雪渓からの風が心地いい。
やはり雪があると涼しくていいですね。

DSC01712

DSC01713

コメバツガザクラが少しだけ

DSC01714

2つ目の岩陵を乗り越えて・・・・

DSC01715

南は切れ落ちていますが、それほど細尾根ではありませんので
慎重に登れば危険はありません。

DSC01718

仙ノ倉山は大きい。

DSC01719

もう一つ先です。

DSC01720

一旦下って少し登ると山頂です。

トレランの方ともすれ違い・・・・
けっこう人がいるものです。

DSC01721

エビス大黒ノ頭 1888メートル到着です。 :razz:
9時55分。
仙ノ倉山から45分くらいでした。

山頂には先行者が2名。

看板も新しく立派になりましたね。

DSC01726

谷川岳。

まだ10時前なので
勢いで、万太郎山まで頑張れば行けるような・・・・
片道2時間くらいかな・・・

でも、お昼になってしまうなぁ~・・・・

もともとそんなつもりはなかったので
やめやめ・・・・

ここでまったりタイムといたします。

20130609_ebisudaikoku_panolama01-600

★エビス大黒ノ頭からのパノラマ
クリックすると大きくなります。

DSC01727

では!
谷川岳に向かって
カンパァ~~~イッ!! :mrgreen:

ここまで来るはずではなかったので
今回もエビスビールではありません・・・・・

DSC01728

谷川岳から縦走してきたグループがやってきて
たちまちエビス大黒ノ頭の狭い山頂は満員です。

エビス大黒ノ頭は誰もいないのではないかと
思って来てみましたが、なんとも珍しいこともあります。

賑やかになった山頂で
みなさんと楽しく山談義など・・・・・

なぜか???
ヤマヒルの話題で盛り上がり・・・・・・・ :shock:

DSC01729

1時間もまったりしたので
帰ります。

DSC01730

雪渓に誰かいる?????
と、先に行った方が言うので
あんなところに、まさか・・・・・・

DSC01730-2

人に見えましたがトリミングしてみると
雪の割れ目でした。 :wink:

DSC01732

恵比寿様と大黒様????
エビス大黒ノ頭の名前の由来がわかりません。

誰か知っている人はいませんか????
だって
えらくお目出度そうな名前じゃないですかぁ!

DSC01735

急峻な岩肌にもハクサンイチゲがたくさん咲いています。

DSC01736

コバイケイソウの葉っぱがたくさんありました。

DSC01737

DSC01738

DSC01739

DSC01740

DSC01743

DSC01744

まだ、エビス大黒ノ頭方面へ行く人数名と出会いました。
天気がいいからでしょうか?
今日は大勢の人と出会います。

さてと、仙ノ倉山へ240メートルほどの登り返しです。
のんびり行きましょう。

DSC01745

エビス大黒ノ頭を振り返る。

DSC01746

登山道はとてもよく踏まれています。
ジグザグなのでそれほど大変ではありません。

DSC01747

DSC01749

DSC01751

?????

DSC01752

20分くらいで登り返し終了。

DSC01753

仙ノ倉山へ

DSC01754

DSC01756

仙ノ倉山へ戻って来ました。
15名以上の人がまったり中。

DSC01759

少し雲が出て、霞もかかってきましたが
眺望を楽しみます。

DSC01760

DSC01761

DSC01763

エビス大黒ノ頭、かっこいいなぁ~。

DSC01764

仙ノ倉山をあとに・・・・

DSC01765

のんびり、花見散歩。

DSC01769

DSC01770

DSC01771

12時半。
平標山へ到着。

かなり大勢います。
30名くらいでしょうか?

若者からお年寄りまで・・・・・
北アルプス並の人気ですね。

魚沼の山ではこんなに人がたくさんいることは
そうそうないです。
中ノ岳界隈なんてだれにも会いませんでしたなんてこともありますから・・・・・

DSC01775

帰りは平標山の家経由で下山します。

DSC01776

DSC01777

まだまだ、登って行く人がたくさん。

DSC01778

こんなところに小さな池塘?

DSC01779

山の家までの登山道脇にもアズマシャクナゲがたくさん咲いています。

DSC01780

DSC01781

ず~っと階段です・・・・
ここを登るのはけっこう辛いものがあるような気がします。

歩幅の合わない不思議な間隔の木道もありますし・・・・・

DSC01782

DSC01783

センサーで入山者をカウントしているようです。

DSC01784

平標山の家へ。

少し休憩タイム。
人が写っていませんがたくさんいます。

冷たい水あります。 :razz:

DSC01785

DSC01786

DSC01787

ここから眺めるエビス大黒ノ頭もかっこいいなぁ~。 :wink:

DSC01788

オオナルコユリ???

DSC01789

どんな花がさくのでしょうか?

DSC01790

延々と丸太階段・・・・・

DSC01791

ブナの新緑に
ハルゼミの大合唱の道です。

DSC01792

ブナ新緑
森に染み入る
セミの声・・・・ :razz:

DSC01793

駆け下るようにして、林道まできました。
1時半。

DSC01794

愛らしい道祖神。

DSC01795

DSC01796

平元新道登山口から駐車場までの林道は3.5キロくらいあります。
タラタラと歩くと、小一時間もかかり
えらく遠く感じるので
ここも小走り・・・・・ :oops:

何も走らなくてもいいのですが・・・・・・

DSC01797

この沢は石で埋まってます・・・・・

DSC01799

DSC01803

エゾハルゼミいました。

DSC01804

こんなセミです。
もう寿命なのでしょうか?
木の近くに離しました。

森は初夏の短い命を精一杯謳歌するように
セミの鳴き声が響きわたっています。

DSC01805

小走りで来たので
2時過ぎに駐車場へ無事到着しました。 :razz:

DSC01807

 

なかなか梅雨入りしない、6月の晴れ間。
満開の高山植物には少し早かった平標山から仙ノ倉山でしたが
清楚な花たちに出会えてとてもうれしい山行でした。
4月はまだ雪と氷の下でしたが、
あんな過酷な冬をやり過ごして、夏になれば小さい花を咲かせるのですから
なんともたくましいものです。

そろそろ雨の季節・・・・
明ければ、夏山シーズン到来です。
今年も北アルプス行きたいなぁ~。
もちろん日帰りだけど・・・・

あんた、山しか考えていないのか・・・・・・ :oops:

 

おしまい。

 

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!

2 Replies to “花の山、平標山から仙ノ倉山登山へ~2~”

  1. お早うございます。
    時間があったので、つい足を伸ばしてしまいました。
    万太郎山まで行けたかも知れませんが、帰りが遅くなりそうなので
    いつものとおり、まったりタイムになりました。
    今のところ空梅雨なので、まだ登られそうでね。

  2. エビス大黒とは、遠くまで行きましたね。
    そのまま稜線縦走も出来たのでは?
    私も登りたくなりました。

コメントは受け付けていません。