はじめての山泊縦走~中ノ岳から丹後山 2~

On 2016/05/20, in 登山, by masaki baba

2016年5月14日(土)~15日(日) 初めての山泊縦走 中ノ岳から丹後山へ!! つづきです・・・・・ 夕方から「魚沼の民」氏と小屋は二人で独占!! チビリチビリとやりながらいろんな話題でたいそう盛り上がった(^o^) […]


2016年5月14日(土)~15日(日)

初めての山泊縦走
中ノ岳から丹後山へ!!

つづきです・・・・・

夕方から「魚沼の民」氏と小屋は二人で独占!!
チビリチビリとやりながらいろんな話題でたいそう盛り上がった(^o^)
疲れているためか、大した酒の量ではないのにみょうに酔いが回ったな

夜は9時半すぎに寝袋にくるまったであろうか?

新しく買ったシュラフはmont-bellのアルパインバロウバック#5だったかな??
コンフォート10℃ リミット5℃
気温10℃くらいなら快適安眠ということだな
まあ、夏山用だわな~

薄手のスエード上下をパジャマ代わりに持ってきたが
これもよけいな荷物だった

残雪期なのでおそらく朝方は小屋の中でも5℃以下なると思われた
夜中12時過ぎころに寒くて目が覚めたが、もう一度寝直したら
4時前まで比較的安眠出来た

夜中に目が覚めた時に窓の外で何やらガサゴソと動物のような気配がしたが・・・・
この避難小屋は出るらしい・・・・
足のないあの人・・・・(*_*;

 

DSC05445

昨日の夕方は曇ってきたので、アーベンロート(夕焼け)は期待できなかったので外へでなかった
今朝は早々と起きたので、外へ出てみる
モルゲンロート(朝焼け)はどうだろうか?

今日は曇りの天気予報だったか
運よくご来光が昇ってくる

お山のてっぺんにいないと見られない光景だ
もちろん高峰では初めての経験(^o^)

日帰り3時出発などで、山腹途中でご来光を拝んだことはあるが

DSC05447

駒ヶ岳が赤く染まるのかな~?

DSC05448

八海山は変化なし

DSC05449

連なった山並みの色がきれいだ

DSC05450

DSC05451

DSC05456

山頂でのご来光は初体験なので
完璧ではないようだが、これでもお天道さまは荘厳な雰囲気たっぷり

昨日の天気予報では今日は終日曇りの予報だった
見事に外れてくれてよかった

DSC05458

DSC05460

DSC05463

駒ヶ岳は染まりそうにない

DSC05465

DSC05467

DSC05469

シルエットの荒沢岳

池の段あたりまで下れば
ダイヤモンド荒沢岳か?

DSC05474

DSC05475

DSC05479

IMG_1856

滝雲がスゴイ
しゃくなげ湖からの霧ではない

まだ野鳥のさえずりも聞こえない静寂・・・
日常とはかけ離れたひとときであった
これはやみつきになりそうだな

IMG_1858

朝食はパックごはんを温めて
おかずはサンマ缶(^o^)
ちょっとカロリー不足

最低でも3食の合計2000キロカロリー以上は食べないと
またバテるよ(-_-;)

IMG_1862

本日の行動計画は8時出発であったが・・・
そんな時間まで小屋にいても特段やることもないし
日もたかくなったので、早発をする

6時5分
記念撮影(^o^)

P1030252

私も(^o^)

ザックの荷物は少しは腹の中におさまったので
だいぶ荷が軽くなったかと思いきや・・・
あんまり軽くなった気がしない(-_-;)
まあ昨日ほどは重くはないか

IMG_1863

昨日は見えなかった日向山

IMG_1864

あっという間にお天道さまは高くなった

IMG_1865

中ノ岳 山頂

IMG_1866

おお~~っ
雲海がすごい
滝雲はここから流れ下っていた

三国川から昇ってきた霧かな~?
いや、違うもう一つ南か??
奥利根湖かな??

IMG_1868

では、池の段から丹後山へ向けて縦走路へ

IMG_1869

縦走路には踏み跡があるので問題なしです

IMG_1871

雪庇はまだデカイ

IMG_1872

中ノ岳を振り返る

こちら側から見る中ノ岳は岩稜部が多く迫力満点だ

IMG_1873

え~~っ???
ウメバチソウじゃないしな~???

★三つ葉の梅花黄蓮?

IMG_1874

格好良い中ノ岳

IMG_1876

本石山

IMG_1877

巻機山

IMG_1878

まだ雲海だ

IMG_1881

登山道も昨秋刈り払いに入ってくれたようで快適そのものだ

P1030258

雪上は足滑り(^o^)

IMG_1882

 

IMG_1884

前に来た時もこの急な雪渓が残っていた
調子にのって足滑りしたら、止まらなくなって、笹薮に頭から突っ込んだのであった(*_*;

今日は安全に笹薮まで降りてから際を伝ってと
と思ったら、笹は滑るので、そのまま藪の中まで転んでしまった
何回も転んだが・・・・なんとかクリア

IMG_1886

鞍部はまだ下だ

 

 

IMG_1887

鞍部の先、左が谷の斜面トラバースになる
雪がゆるいので、登山靴のままでも進めそうだが
せっかく、アイゼンもピッケルも重い思いをして持ってきたので
使いましょう(^o^)

P1030262

まだザックが重いのでちょっと横に振られただけでバランスを崩して転ぶこともあり
安全のためにはアイゼンあったほうがいいな

後ろから見るとザックが歩いていいるみたいだな
ちび小学生のランドセルだわ

IMG_1888

P1030263

このあたりまではどうってことはない

IMG_1889

中ノ岳の山頂が見えなくなった

IMG_1890

ここらから僅かな距離だが左が谷となり落ちているトラバース

IMG_1891

転ぶと下まで滑るかな??
雪がゆるいでの止まるか??

IMG_1892

IMG_1893

もう少しある

IMG_1894

中ノ岳を振り返る

ここから右へ夏道の登山道がでているので
アイゼンはもういらない

IMG_1896

IMG_1897

小兎岳へ

IMG_1898

この笹原は私の気持ちがいい場所のひとつだ

IMG_1900

IMG_1901

IMG_1902

小兎岳 標高1858メートル
山頂あたりから中ノ岳

小出から眺めるハナコ山は右からハナコだが
南側からなので左からハナコ山だ

P1030278

続いて兎岳へ

IMG_1903

鞍部まで降りて
雪渓をほじくってしゃっこい雪渓天然水をつくってリザーバーに入れる(^o^)
パウダーのポカリスエットもいれてと
今日は虫が入らなかったような気がする

その後、お腹が痛くなったりもしなかったので
問題なしだ

とっても冷たくて旨いよ(^o^)

ビールは昨夜全部飲んでしまったので
今日はナシだ(-_-;)

IMG_1904

兎岳への登りをゆっくりと歩いて
荒沢岳への分岐

今年は避難小屋泊の装備がそろったので
裏三山(荒沢岳~兎岳~中ノ岳~駒ヶ岳)も巡れると喜んでいたのだが
こんなに重い荷物じゃあダメだわな(;´∀`)
まず、荒沢岳前嵓への岩場を登れそうにない

IMG_1907

荒沢岳への縦走路

IMG_1908

今日はこのまま天気いいようだ

IMG_1909

9時10分
兎岳 標高1926メートルへ到着

小休止

IMG_1911

この景色は最高だ

IMG_1913

ん?????

IMG_1915

おっと!!
早くもタテヤマリンドウが咲き出している

この辺りはタテヤマリンドウのお花畑になる

IMG_1916

大水上山へ向けて楽しい雪渓歩き

今日は下りが多いので重いザックもさほど苦にならない(;´∀`)

IMG_1917

ん?????

オウレンじゃないな~???

IMG_1920

「魚沼の民」氏はといえば・・・・
登山道のすぐ脇になにやら新潟の山では見かけないものを発見して
大喜び\(^o^)/
収穫作業に夢中です

いたるところへ生えていました
葉っぱですが・・・・
なるほど! 匂いする(*^^*)

IMG_1922

大水上山への最後の登り返し

P1030306

兎岳を振り返る

IMG_1923

IMG_1924

IMG_1925

IMG_1927

大水上山 標高1831メートルへ到着

IMG_1928

ここで今日はじめて人に出合いました
この方は丹後山から登って中ノ岳ワンデー周回だそうです

昨日は中ノ岳ピストンのひと一人しかあわなかったので
二人目です(*_*;

なんでこんなにすばらしい縦走路をみんな歩かないのかとても不思議ですが??
急登だからかな~??

IMG_1929

このさきは天空の散歩道です(*^^*)

P1030310

分水嶺の利根川水源の碑へ

IMG_1930

今年は異常少雪だったので
関東の水不足は深刻なことになりそうな予感がしますが??

IMG_1931

10時47分
丹後山 標高1809メートルへ到着です(*^^*)

ここではやいランチタイムとします

IMG_1933

この笹原から眺める越後三山いいですね~\(^o^)/

IMG_1934

11時49分
下山体制へ

丹後山の登山道もいやになるほど急です

IMG_1935

んん~~・・・・・?????

IMG_1936

越後沢山~下津川山~巻機山へつながる縦走路
道はありませんが、猛者は藪こぎで廻る人もいるそうです

P1030321

IMG_1940

たおやかな丹後山の頂き

IMG_1942

こちらもアズマシャクナゲ

IMG_1943

中ノ岳とアズマシャクナゲ

IMG_1944

IMG_1945

IMG_1946

遥々と歩いてきた縦走路を名残惜しく眺める

IMG_1949

でたっ!!!(*_*;
急すぎだっ!!
まだザックが重いので踏ん張るにもかなり脚力がいる

IMG_1950

3合目の大きな松の木

かなり暑くなってきた
谷からはエゾハルゼミの初鳴きが聞こえてきた
季節は早々ともう初夏なのだ

P1030341

とても暑いので
木陰で一休み(;´∀`)

IMG_1951

登山口から二合は丹後山もかなりの急登
重荷で完全に足に来ているな
踏ん張りが効かなくてヨロヨロだ

最後は我慢の下りがかなり足に堪える

IMG_1953

2時55分
無事に下山しました

しかし、あっちぇ~な~(*_*;

帰宅して知ったが今日の小出の最高気温は29度を越えたらしい
真夏日寸前ではないか暑いわけだ

P1030346

すぐさま、三国川の河原に降りて
頭から冷たい水をかぶる(^o^)

ついでに、清流の水をがぶ飲みする
川の水なんてあまり飲まないかも知れないが
ここのは旨いよ~(^o^)

残雪で天然水をつくったものももそのまま飲んだし
三国川の水も飲んだし・・・・
腹は痛くはならなかったな~
そんなに胃腸は丈夫な方ではないがね

IMG_1954

丹後山の登山口から十字峡までは2.5キロの林道歩きだ
例年の5月ならまだ大量の雪が道を覆い尽くしていて、アイゼンにピッケルがなければ
通行は危険極まりないところだが・・・・

しかし今年はまったく雪がない

IMG_1956

虹の滝

IMG_1957

丹後山を見上げる

IMG_1958

3時51分
無事に二日間の山旅を終えた\(^o^)/

今までとは想像を越える苦しい中ノ岳への登り
山頂避難小屋で迎えたご来光
雲上の縦走路歩き・・・・
まさに山を旅しているという充実感たっぷりの二日間だった

ご同行いただいた「魚沼の民」さん
ありがございましたm(_ _)m

 

ザックが重いとコレほどまでに疲労困憊するものかと
かなり驚いている状態です
重いザックを背負っての山行が初めてということもあるでしょうが
やはり18キロはどうにも動けなくなるということが判明しましたて(*_*;

今回の縦走で次回は荷物をなんとか絞り込んで
12キロ以下まで落としたいところです。
とれくらいじゃないとトンガリ山へは無理ですね
そんな意味でも、成果のあった山旅でした
ビール減らせば(;´∀`)

もちろん
喉元すぎれば・・・・
ああ~~~、楽しかったな~(^o^)
やはり、山は泊まりに限るのだ(*^^*)

 

おしまい・・・・

Twitterボタン
ツイッターやってます!

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Scroll Up