【メモ】戌をつくる・・・・Z AppLinkのおさらい(^_^;)

2017年12月25日(月)

あはは・・・・
きれいさっぱり忘れています
(^_^;)

ZBrushでもうひとつ戌を作ってますが
あれ???
Photoshopとリンクして絵柄をプロジェクションするにはどうするのだっけか???

とりあえずは
よく目にするような年賀状の戌をつくりました

ポリペイントで着色はしましたが・・・・
和風の柄をつけたい

そうそう!
Z AppLinkというものを使うのでしたね(^_^;)

ドキュメントのところにありました

プロジェクションします

絵柄をいれたいところを大きめに表示して
DROP NOW

Photoshopが起動します

 

予め、Photoshopで絵柄をコピーしておかないとなりません

コピーしておいた絵柄をペースト

新規レイヤーへいれて
適当な大きさに

レイヤーは統合します

ロックされている
下と上のレイヤはいじってはなりません

Photoshopを閉じようとすると
保存しますかのダイアログがでますので
「はい」

変更したレイヤはLayer1という名前のままです

ZBrushに戻り

Re-enter Zbrush

PICK UP NOW

Photoshopでつくった絵柄が投影されました

 

絵柄の解像度が低くてジャギーがでています
確か???
サブツールの解像度に依存するんだったかな???
これは、ダイナメッシュのまんまでした

ほかにもいろいろ入れてみましょう

Double Sideやシンメトリーになっていると
あらぬところまで絵柄がはいっていますが・・・・

見えないところなので気にしない・・・・

keyShotへ

できました(^o^)

———————————————————————

★追記

ポリゴンの解像度を上げると・・・・(ポリゴン数を増やす)

球体でテスト

sDiv4で574000ポリゴンまでアップ

画像も少し大きめにジャギーがないものを用意

やはり、ZBrushのポリゴン数に比例して
きれいな模様をプロジェクションできます

 

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)