花の月山~テント泊登山~

2021年7月23日(金)・24日(土)

オリンピック開催で4連休となりました
いいんだか悪いんだかわかりませんけど
なんとか連休はとれました
他の月の祝日が移動しただけなので
なんだか損した気分ではある・・・

せっかくの連休なので
毎年恒例の「大力山友の会」
夏山テン泊山旅へ行ってきました
昨年はどこへも行かなかったっけ???
オイラだけ夏風邪でいけなかったのだっけか?

当初は笹ヶ峰キャンプ場でテント泊して
火打山へ登る予定でしたが
天気予報があまり良くないので
急遽、天気が良さそうな東北の山へ計画変更
県をまたいでの移動ですよ(・_・;)

出羽三山、月山への山旅となりました
参加者は「魚沼通信」氏、S氏、Hさん(新入会員)(^o^)の4名
月山登山は「魚沼通信」氏だけが登山経験あり

23日 S氏の運転する車に荷物を積み・・・
一泊なのにやたらといっぱいあるなあ?
テント場にアレは販売していないので
クーラーボックス満タンに詰め込みました!!

小出を午前10時に出発
前日に予約した月山麓の
志津野営場を目指します
片道290キロ 4時間のロングドライブ
山形県は遠い・・・・
お疲れ様でございますm(_ _)m

ああ・・・
マスク忘れました
Hさんからマスクをもらいました
ありがとうございました
今どきマスクしないとどこにも入れないですからね

志津野営場の場所がわからなくて
ちょっと彷徨ったりしましたが無事到着
3時すぎからテント設営

標高が850メートルくらいと高くないので
テントを張るだけでも暑い暑い

志津キャンプ場はかなり広く
1区画 テント4張できて1000えんと格安
月山登山でテント泊をする人は殆どいないので
ガラガラです
私達の前にソロの人が2名・・・・
炊事場あり、トイレは水洗(和式)です

ここより下に
ファミリー向け弓張平オートキャンプ場があります
そちらは流石に混んでいました

テント設営完了!!

ではでは・・・
まだ4時半にもなりませんけど
天幕宴会スタート(^o^)

これがテント泊の目的のひとつでもあります
ほんとは登山後の宴会のほうがいいのですけど・・・
この開放感は最高ですね\(^o^)/

クマさんはいるも知れない
数年ぶりのテント泊のHさんはやや不安げ

雨は降らないと思ってましたけど・・・・
前触れも無くいきなりザーザー降りになりました
けっこう長い時間降っていたので
テント入口が少し浸水(;・∀・)
少し水をかき出した
寝る分にはなんとか大丈夫でした

雨でベンチが濡れたので
横の東屋へ移動して
まだまだ飲んでます
いい加減酔っぱらいです(-_-;)

そろそろ寝るとしましょう
9時過ぎには寝たのかな??
記憶がありません(;・∀・)

雨はやんでお月さまが明るい
満月かなのかな?

テント設営時にはトンボが飛んでいたので
油断してました(;・∀・)
寝ている間に足周りをやられました
片足30箇所くらいも蚊に刺されてしまいました
酔っ払いは蚊に刺されやすい?
なぜか家に帰ってから気がつく・・・・

24日朝・・・・
とりあえずは早起き
テントの撤収を終えて
軽く朝食のパンなどを口にしてから
朝6時前に姥沢登山口の駐車場へやってきました

うぇっ・・・
なんか完全に二日酔いだ(;・∀・)
大丈夫かな

環境美化協力金として一人200えんを払う

しばらく舗装路を歩く

振りかえれば雲海が広がっていた
後方に見えるはどこの山だろうか?

月山リフトコースへ向かわずに右手に折れ
姥沢口(姥沢小屋裏)コースを進む

朝日が眩しいなあ
山の天気予報を詳しく知りたかったので
tenki.jpの登山天気をダウンロードした(240円/月)
初めてのインストールなら30日は費用がかからないけど
以前に一回インストールしたので課金される
スマホが変わっても駄目なのかあ・・・

登山天気アプリによると月山の天気は終日曇りなんだけど
朝から晴れているではないですか!!

当てにならない天気予報だ
一月で解約ですね
山の天気予報ってどこも当てにならないですよね(-_-;)
まあ山岳地帯の天候はコロコロ変わるので予報は難しいのでしょう

オタカラコウ?

30分ほど歩いた雄宝清水で冷たい水を
プラティパスに入れる

このコースには雪解け水がふんだんに流れているところが
たくさんあって水には事欠かないようだ

ニッコウキスゲ発見(^o^)

オトギリソウ

これはこれは予想に反して
とてもいい天気になりそうですね

ほぼ木道が整備されていてハイキングコースみたいです
二日酔いのヘナヘナ体にもやさしい(;・∀・)

ツマトリソウ

アカモノ

おお~~っ
トキソウがたくさん咲いています
かたまって咲いているのは珍しい

振り返る
雲海の向こうに見えるのは朝日連峰だそうです

月山は丸いたおやかなお姿

ヨツバシオガマ

ニッコウキスゲは少ない

まだお散歩コースみたい
ゆるい登りの木道が続きます

チングルマは綿毛になった

おお~~~
あっちの方にはまだ咲いている

咲いている
咲いている

イワイチョウ

うひゃひゃ~(^o^)
いっぱい咲いていますよ

綺麗ですねえ
たくさんの群生をみたのは久しぶりです

お花畑になってきたので
足が進みません
後ろからのんびり行きましょう

コバイケイソウ

雪渓が残っていました
つい最近までまだ雪がたくさんあったのでしょうね

モミジカラマツ

イワイチョウ

ベニバナイチゴ???

事前の月山情報によると
残雪が多いのでアイゼンを持ってきてくださいとありましたが
持ってきませんでした
これなら問題なしです

下界は曇っているのかな??

急ではないので問題ありませんでした

牛首分岐へ向けてやや傾斜がでてきました

さすがは有名な霊峰 月山です
石畳のようにきれいに石が並べてあり
とても歩きやすい
それほど体力が消耗しないですね
二日酔いでもまあまあ行けます(;・∀・)

ここらへんは
夏スキーをするところのようです

きれいに並べられている
石畳の道

数年前に登った鳥海山もそうでしたね

7時54分
牛首分岐へ来ました

撮影に夢中になっていたら
みなさんとっとと先へ行ってしまいました(;・∀・)
あと1時間くらいで山頂かな?

まああわてないあわてない・・・
事前情報によると
月山にはクロユリが咲いていると(*^^*)
どのあたりに咲くのかな?
まだ咲いているかなあ

コバイケイソウたくさん咲いています
当たり年だそうですけど
日本中どこの山も当たり年なんでしょうかね?

満開です
コバイケイソウは猛毒です(・_・;)

下界はまだ雲海が広がっています
ガスの上にいるのでとてもいい条件

これより徐々に傾斜がきつくなりそうかな?

ミヤマウツボグサかな?

ハクサンイチゲが一輪だけ
もう開花期は終わった

ハクサンフウロがたくさん咲いています

ハクサンチドリ

薄い踏み跡を登っていったら
だんだんヤブに・・・
全然違うところを歩いていたので
また下って登山路に復帰

東北の山にしか咲かない
ヒナザクラ
サクラソウの仲間だそうです

ちっちゃくて可愛い(^o^)

*************************
ウィキペディアより・・・・

ヒナザクラ(雛桜、学名:Primula nipponica)は、サクラソウ科サクラソウ属多年草高山植物
学名は、「日本のサクラソウ」の意味。

分布と生育環境

日本特産。本州の東北地方に分布し、西吾妻山を南限、八甲田山を北限とする。多雪地の亜高山帯の湿原、雪田草原、湿った草地に生育する。鳥海山を基準標本産地とする。

早池峰山岩木山には分布しない。
*****************************

急登でも石が並べ直されているので
段差は最小限
わりと楽ちんです(^o^)

泥んこ道はまったくないし
魚沼の山の荒っぽい登山道とは段違いですね

ミヤマリンドウ

振り返って
姥ヶ岳方面
帰りはあちらから下山する予定

ミヤマダイモンジソウ

ウサギギクかな??

ハクサンフウロがとてもたくさん咲いています

キオン??

ひや~~凄い(^o^)
ものすごくたくさん咲いている
魚沼の山にも咲きますがいつも僅かに数輪見るだけです
これほどのハクサンフウロの群生は初めてみました

ハクセンナズナ??

素晴らし~~~
足が止まって動きません

Hさんもお花に無我夢中で
登頂はどうでもよくなってきたみたいです

オトギリソウ

ハクサンフウロほんとに多いのですけど・・・・
なかなかうまい群落のいい写真になりません(・_・;)

お地蔵様・・・

よくわからないけど
とりあえず
お参り

もう少しですね

ハクサンシャクナゲがまだ咲いていました

ハクサンイチゲも

ミヤマウスユキソウ

3時間くらいで到着\(^o^)/
ほとんどコースタイム通り
標高は1984mなので涼しくはありませんね

あれに見えるが月山神社ですか
ひときわそびえ立っています
出羽三山 月山神社本宮・・・・
参拝料がかかるそうですので
遠慮しときます
境内は写真撮影も禁止です

この広い台地で各々が軽く早いランチタイム
S氏から恒例の挽きたて山コーヒーをいただく
美味しゅうございましたm(_ _)m

なんだかいいお天気ではないですか!!
天気予報大外れ

北方面からガスが湧いてくる
10時すぎるとガスガスになるのか?

空をアサギマダラがヒラヒラ飛んで
ようやく花にとまってくれました
今年始めてみました

ミヤマウスユキソウもたくさん咲いています

クロユリは????
もう開花期はとっくにすぎたようで
見つけられませんでした(-_-;)

10時になるので
下山します

登ってくる人が数珠つなぎ状態です
登り優先ですので
ななかな降りられません(;・∀・)
信仰の山です白装束の団体さんもいますね

それにしてもすごい人数が入山しています
はやい時間に登ってよかったです

月山夏スキー場では
ポール練習をしていました

アオノツガザクラ

10時半をすぎて
ガスに覆われてしまった頂上部

夏スキー場の横は残雪の冷気でひんやり
休憩タイム

マルバシモツケ??

ハクサンチドリ

なんでしたっけ??

トモエシオガマ

ウメバチソウが一輪だけ

姥ヶ岳への登りを終えて

ニッコウキスゲが出迎え

姥ヶ岳方面
たくさん咲いています

かなり遠いですけど群生です
先週行った尾瀬はあまり咲いていなかった

夏山の色・・・・黄色

11時8分
姥ヶ岳1670m

ベンチがあるので休憩タイム
エネルギー補給

キンコウカ

月山リフトへ向かって

月山リフト
片道600えん/1名
月山は夏スキーで有名だけど
リフトはこの1本のです

すっかりガスになった
グッドタイミングな登山でした(*^^*)

リフトに乗って下る
心地よい振動でけっこうな時間乗っていたので眠くなった

新しいスポルティバの靴(*^^*)
これは足がまったく痛くならなくていいのだな

12時には
無事に駐車場へ到着(*^^*)

近くの志津温泉で汗を流し
また4時間かけて帰宅しました
やはり東北山形は遠かった(;・∀・)

みなさまお疲れさまでした

霊峰 月山は花の咲き誇る名峰でもあったのでした
クロユリの季節には遅かったようですけど
たくさんの高山植物に出会え
たくさん麦酒を飲み交わし
愉しい夏の山旅でした

夏山シーズンですけど
魚沼の山はとてもじゃないけど
暑くて行けない
どうしたものか・・・・
やっぱりチャリンコかあ(;・∀・)

 

 

“花の月山~テント泊登山~” への2件の返信

  1. アサレンさん

    山形県は遠かったですよ(^_^;)
    私が運転ではないですけど
    運転手は大変でした

    東北の山はお花畑がすばらしい山が多いそうです
    月山もいろんな花が咲き乱れていて
    とても綺麗でした
    月山は高い山ではないですけど雪が遅くまで残っているんですね
    万年雪にはならないそうです

    北アルプスもいいですけど、東北の山も最高ですね
    でも、やっぱり遠い・・・(;・∀・)

  2. 長距離移動ご苦労様です。
    と言っても、小出~長岡まで高速で30分なので、下越方面への移動は私と変わりませんね。

    月山行ってきましたね。高山植物のパラダイス!夏もスキー場があるなんてビックリでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)