北アルプス遠征「常念岳~蝶ヶ岳周回日帰り登山」へ~2~

On 2013/09/26, in 登山, by masaki baba

2013年9月22日(日)。   北アルプス遠征登山 常念岳から蝶ヶ岳日帰り周回登山へ行ってきました。 つづき2です・・・・・   8時になります。 あと1時間くらいで山頂へつきそうです。 こんな岩ゴ […]

2013年9月22日(日)。

 

北アルプス遠征登山
常念岳から蝶ヶ岳日帰り周回登山へ行ってきました。 :razz:

つづき2です・・・・・

 

DSC03080

8時になります。
あと1時間くらいで山頂へつきそうです。

DSC03082

こんな岩ゴロゴロの上を歩いてきました。
とっても歩きづらくてすんなりとは行きません。

DSC03081

突如、南の空から救助ヘリが飛んできました。 :shock:

DSC03084

こりゃ大変だ!・・・・
常念岳の上でホバリングしているではないですか。 :shock:
けが人?
滑落?????
病気?????

P1130091

コンデジのアップで見てみる
長野県警救助隊員降下。

P1130093

常念岳山頂の直下のようです。
山頂の人たちもみんなが見守っています。

P1130094

ものの5分足らずでピックアップ完了。
流石にスゴイ、早業です。

DSC03085

あっという間に、救助して
また、南へ猛スピードで飛んでいきました。

大事なければいいのですが。 :sad:
思わぬところで事故は起こります。
気を引き締めて登りましょう。

DSC03086

救出を見学していましたが・・・・
なんだかまだまだ山頂が遠い感じではないですか~・・・・・

DSC03087

絶景かな!

DSC03089

以前はこちらにも道があったそうですが。

DSC03088

山頂へはそのまま直進します。
ここもなかなか歩きづらい道です。
なかなか進みません。
岩ゴロゴロ道はキライだ。

DSC03090

右手にピークが見えますが。

DSC03091

地図にはピークではないでので
そのまま上りになるかと。

DSC03093

下山してきたおじさんが

「雷鳥がいましたよっ!!」
って言ってたのですが・・・・・

いました・・・・ :mrgreen:
この写真の中にいますが見えますか? :razz:

DSC03095

なんと、今日2度目の雷鳥さんのお出迎えです。3羽いますね。
これはかなり、ラッキー!
鳥好きの私は、目尻が下がりっぱなしです。

DSC03100

めごい めごい。
この子がお母さんかな?

DSC03102

子供は少しだけ体が小さいみたいです。

DSC03106

元気でなぁ~! :razz:

厳しい冬を頑張って越すのだぞ~!! :wink:

DSC03110

山頂の人が目視できる距離まで来ました。
なにやら、とても大勢いるようです。

三股から登ってきて出会った人は、数名しかいませんでしたが・・・・・・

DSC03111

おっっ!!!!
槍ヶ岳だっ!!!

ようやく姿を見せてくれました。
あのトンガリはやっぱり
カッケ~

DSC03112

DSC03113

南側はかなり切れ落ちています。

DSC03114

常念小屋が下に見えます。
小屋からもけっこう距離があるんですね。

DSC03115

直下の稜線へ出ると
北アルプスの名峰が丸見えです。
これは、すばらしい景色!

DSC03116

分岐

DSC03117

8時56分。
常念岳 2857メートル登頂です。 :razz:
登山口から4時間半ちょっとでつきました。
ほぼ予定通りです。

 

ワンデー周回登山は
計画的に時間をこなさないと
真っ暗な道を下山するはめになってしまいます。
早出早着の原則です。

ヘッデンを点けての暗い山道は
朝だけにしたいので、時間調整しながらの山行となります。
ちょっと、慌ただしいなぁ~
ホントはのんびり登山がしたいのですけどね。

DSC03118

前常念岳を振り返る。

ここから眺めるぶんにはすぐに着きそうに見える稜線ですが
岩ゴロゴロ道なので、とても時間がかかります。

DSC03119

山頂は狭く、
大勢の人でごった返していて
身動きがとれません。

祠の前で写真を撮ろうかと思ったのですが・・・・・
順番待ちなので、すんなり諦め・・・・

DSC03122

それにしても、すごい人です・・・・
みんなどっから登ってきたのですか?????

DSC03124

しばし、大パノラマを満喫。

DSC03131

大天井岳~野口五郎岳~水晶岳~

DSC03132

槍ヶ岳~中岳

DSC03133

北穂高岳~奥穂高岳~前穂高岳

DSC03134

DSC03135

 

 

jonendake-panolama600

★常念岳からの大パノラマです。
クリックすると大きくなります。

DSC03137

この景観はとにかく最高。
素晴らしいとしか言えません。
美辞麗句はいりません。

試しに動画も撮ってみました。

★常念岳から見えるお山をカシミールで。
槍ヶ岳と穂高連峰くらいしかわからないので・・・・・

jonendake01-600

北西方向

jonendake02-600

西方向

 

 

chogatake1-600

南西方向

DSC03138

蝶ヶ岳への縦走路。

DSC03140

あまりにも人が多くて、腰を下ろす場所もないので
そのまま縦走路へ向かいます。 :oops:

なぜか、みんな写真を撮っている・・・
私もか~。

DSC03141

これまた、スゴイ大下りです。

DSC03143

右手にず~っと槍から穂高を眺めながらの
最高のパノラマコースです。

DSC03144

DSC03145

ここもちょっと歩きづらい、石ゴロゴロ地帯がたくさんあります。
前常念岳の花崗岩地帯よりは楽です。

DSC03147

DSC03149

兎にも角にも
この景色は素晴らしい。 :razz:

DSC03150

穂高も槍も・・・・
一度は登ってみたいが
日帰りは無理だしなぁ~。

スゴイ人はあっけなく日帰りしてしまうような人もいるにはいるらしいが。

DSC03151

DSC03152

DSC03153

DSC03154

DSC03155

2460くらいの鞍部まで一気に下ります。
目線の高さが変わるので、山のかたちが絶妙に変化する。

DSC03156

蝶ヶ岳方面からやってきた登山者がとても大勢です。
みなさん蝶ヶ岳ヒュッテ泊ですね。

DSC03157

なんですか・・・
この混雑っぷりは・・・・・

三股から前常念岳への登山道は数名しか遭わなかったのに。

DSC03158

中央に見えているのが超槍 2657。
その左が蝶ヶ岳 2677?です。

なかなか遠いです。
ピークを幾つかアップダウンしなければいけません。

DSC03159

かなり下ってきました。

DSC03160

DSC03161

雲が多くなってきました。
やはり山は10時までですかね。

DSC03162

DSC03164

常念岳は花崗岩の岩の山です。
ごらんのように岩だらけです。

DSC03165

オブジェ風

DSC03166

まだまだ、下ります。
蝶ヶ岳からくる人は、この登りは堪えるだろうなぁ。

みなさん三股へ下山するのでしょうか?
常念小屋泊でさらに大天井岳、燕岳までとか???
羨ましい限りですね。 :wink:

DSC03167

DSC03169

石の下りは歩きにくいので
意外と時間がかかります。

DSC03170

あそこが最低鞍部 2462くらいでしょうか?
山頂から400メートルほど一気に下ることになります。

DSC03172

すでに紅葉が少し始まっています。

DSC03174

10時10分

ここが最低鞍部 2462ですかね?
あそこが小さなピーク2512でしょうか?
その下で小休止&エネルギー補給タイムです。

今日はなぜか・・・
カレーパン。 :razz:

まだ、ランチタイムにはずいぶんと早いので
超槍あたりまで行ってからということで・・・・
ビールはおあずけ・・・・・

 

ここからはアップダウンの繰り返しになります。

DSC03175

休憩タイムも
圧倒的な風景だ!

今日はガスに巻かれるかもしれないと
思っていたので、とても幸運。

DSC03176

 

まだまだ見えます。
大パノラマ!

 

少し休んだので
超槍へ向けて出発です。
アップダウンの稜線歩きとなります。

視界のない樹林帯もあるらいです。
聞きしに勝る、縦走路。
このパノラマコースはすばらしい。 :razz:

 

つづく・・・・・・

Twitterボタン
ツイッターやってます!

Comments are closed.

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。