Blenderで流体シュミレーションをしてみる。

2013年12月21日(土)

3DCGソフト Blenderはなんと無料にして、物理シュミレーションができるという
優れものです。

ほとんど使ったことがないので
よくわからないのですが
今更ながら最新バージョンをダウンロードして少しテストしてみました。
現在のバージョンは2.69.

といっても、さっぱりわからないので
いろいろな方のブログなどを参考にしてみました。

 

流体シュミレーションはハイエンドソフトのプラグインなどでありますが
とても高価なものです。
CINEMA4DはREALFLOWという有名なものがありますが、
40万円もします・・・・
ホビーユースで買えるような金額ではありませんね。

 

上のは一番簡単に出来たものを
objでエクスポートして
CINEMA4Dでレンダリングしました。
まあまあキレイじゃないですか~。

 

とりあえずは噴水をつくる。

流体の物理シュミレーションが設定される範囲をドメインというらしい・・・・

Bakeすると演算の終わったところまでプレビューできます。

ドメインには設定がいろいろある。

よくわからないので、人様の記事などを参考にしてください。
Blenderシュミレーション実践はこちら。

 

途中までのシュミレーション状態でも
objとしてエクスポートできます。

CINEMA4DへMergeして
テクスチャをつけてレンダリングしてみましょう。

時間がかかります。

全然水らしくないです・・・・

今度は上から水が落ちてきて
球体にぶつかって飛び散るような様を・・・・

ポタポタ・・・・・

球体を障害物に。

なんだか???
Bakeしても
流体になったり、なんの変化もなかったりするのはどうしてでしょうか???

キャッシュの場所を変えただけで
何も変わらなくなるようですが???

 

特に設定しないとここに大量のfluidsurface_final_ナンバー.bobjというものができます。
場所→C:\Users\ユーザー\AppData\Local\Temp\cache_fluid

ある程度の容量で削除されていくのかな????
どこかにキャッシュのクリアとかあるのかな?

ちなみに手動でfluidsurface_final_0000.bobjを全部削除したら
エラーでシュミレーションしてくれなくなりました。
再インストールすれば動きます。

球体が上から水の中に落ちて水しぶきが上がるという設定は?

球体をアニメートするまではわかったものの
どうすればいいのかわかりませんでした・・・・

再度、球体に水がぶつかるものを

横から水がかかるようなものを

天地がY軸ではないです。
かなり混同します・・・・・

解像度を上げるとリアルになるらしい・・・

じゃぁ~~~~

CINEMA4DにMergeして、テクスチャなどをつけました。

まあまあかな?

またまた、上から落ちる水を

流出口のような気がするけど?

流入口?

解像度を上げると
Bake終了までそこそこな時間がかかります。

球体を2つに

下に水があるという設定

エラーになって
うまくできない????

カメラの使い方がまた
なんとも独自なので理解できません。

GとかYとかXとかのキーを押して
動かすらしい???

なんでこんなに横広なのかわわかりません?????
どこかに撮影範囲の設定が???

なんだか?
ショートカットキーばかり使うようで
あんまり細かく覚える気もないのでさっぱりですね。
ショートカットキーがあるということはメニューがあるはずなのですが???

ライトも・・・・

250コマのレンダリング・・・・

とても時間がかかりました。

連番画像をAdobe Premiereへ読み込みます。

連番付き静止画

 

シーケンスへインサート


こんなんできました。

フリーの3DCGソフトでここまでできるというのは
驚きですね。

フレッシュフルーツや野菜に
水しぶきがかかるという絵がほしかったので
ちょっとだけBlenderの練習をしてみました。

もう少し頑張ればなんとかなるかな???

 


ツイッターやってます!