紅葉が終わってしまった「荒沢岳」登山~1~

2014年10月11日(土)

巷では体育の日の三連休です。
第二土曜日とかさなったので、珍しく私も三連休!

しかし先週に続いてまた週末に台風がやってきそう。
猛烈な勢いのスーパー台風19号が本州を縦断するようなコースになりそうでしたが
動きが遅くなったようで、連休初日は晴れの予報になりました。

せっかくの連休ですので
秋のお山へ出かけてみたいと思います。
魚沼のお山の紅葉は先週あたりでもう終わってしまったようですが
今年はまだ登っていない銀山平の荒沢岳へ登ってみましょう。

魚沼の一般登山道では最難関とも言われていますが・・・・・
鎖場が長~~~いのです・・・・・・

なんだか每年、每年、行くところが決まってしまってますけど
魚沼人なのでそれでいいのです!!

DSC00174

5時40分に荒沢岳登山口の駐車場へ到着。

エッ!!!  ナナ・・・ナント!!!
超満車状態です!!!

すでに路肩駐車の車まであります。
この駐車場がこれほどにも混んでいることは初めて見ました。
流石は秋の三連休ですね。
と言っても、20台に満たないくらいしか駐車スペースはないんですけどね。
普段は数台停まっているだけです。

連休を利用して裏三山の縦走をする人もたくさんいるのでしょう。
けっこう有名になった荒沢岳です。
というわけでもないのかな????

DSC00175

いつものようにおにぎりを食べてから支度をととのえ
6時8分 登山カードを提出して出発です。

DSC00176

先行者がたくさんいるようなので
クマさんはいないな????

と思ったら・・・・
左の森から・・・・
ビィ~~~~ッ!
ビィ~~~~ッ!!!
というような、聞いたこともない動物の鳴き声が????

いったいなんだろう???
イノシシ???
カモシカ????
鳥????

クマさんじゃいのでまあいいか。

DSC00177

今日は好天になりそうですが。
やはり紅葉はもう終わったのか?
山は茶色。

今年は紅葉の当たり年だったらしいですが
遅すぎましたね。

DSC00178

越後駒ヶ岳が見えてきた。

DSC00179

少し急な坂を登ること30分くらいで前山へ到着。
荒沢岳はまだ雲の中。

DSC00181

奥只見湖は霧が大量に発生している。

DSC00183

7時くらいになって
ようやく荒沢岳が頭を出した。

DSC00187

今ひとつ鮮やかではない

DSC00189

DSC00191

難所の前嵓が見えてくる。

DSC00193

今朝はいつまでも
霧が雲海のように広がっている。

DSC00195

ミヤマダイモンジソウがまだ咲いていた。

DSC00196

7時29分
前嵓下の取り付きへ。
看板がなくなったな~?

ここから鎖場やハシゴが連続するので
ストックはザックにつけて慎重に登らなければなりません・・・・

DSC00197

短い鎖からスタートです。
岩もやや湿っているので、スリップ注意です。

DSC00198

ハシゴ

DSC00200

鎖・・・

DSC00201

鎖・・・・ハシゴ・・・・

DSC00202

最後のハシゴを登れば
第一関門突破です。

DSC00203

眼前に前嵓の岩稜が聳え立つ!!!
やや、紅葉かな???
でももう茶色いか。

今日は特にスピードアップしているわけではないけれど
数名追い越してきた。

DSC00206

こんな時間になっても雲海だ。

DSC00207

今日はやけに雲が低い位置にあるような気がするが?

DSC00209

駒ヶ岳の北側は雲が広がっている。

DSC00211

きれいだな~。

DSC00212

一旦、暗部まで下ってから
前嵓の核心部へ。
先行者がへばりついている。

DSC00214

7時50分

むむっ・・・・
今日は流石に渋滞だ!

すれ違いや追い越しができるような幅はないので
上の人が登るのを待つしか無い。

DSC00215

危険な箇所なので、のんびり慎重に行こう。

DSC00217

ゆっくりなので、さほど息も上がらない。

DSC00218

DSC00220

DSC00221

8時6分
前嵓上 1536メートルへ到着。
意外と速かったかな。

少し休憩。

DSC00222

DSC00223

前嵓では数名の人が休憩していた。
あの山は何ですか??? アレは???
などと聞かれるので、お答えしましたが
間違っていたらごめんなさいね。

DSC00225

さてと・・・・
山頂を目指しましょう。

1969メートルまで標高差430メートルほど。
前嵓が核心部なので一安心するのですが
実はもここからが急登だったりします。

DSC00226

紅葉しているような、茶色いような・・・・

DSC00227

西本城沢の万年雪

DSC00229

DSC00231

ナナカマドはだいぶ飛ばされたようで葉っぱが少ないし
色づきもよくないな~。

DSC00232

DSC00235

望遠レンズがないのでいっぱいいっぱいですが
ダケカンバの黄色がきれい。

DSC00237

妙な高度に停滞する雲・・・・・

DSC00238

ほとんど残っていない。

DSC00239

DSC00241

ピークを3つくらい超えれば山頂だ

DSC00242

燧ヶ岳は目立つなぁ~

DSC00243

大きな平ヶ岳。

この秋に登った山はこちら方面ばかりだった。

DSC00244

DSC00245

DSC00246

短い鎖場。
右から迂回する道もあります。

DSC00247

眼下に奥只見湖

DSC00248

そこは山頂ではありません。

DSC00249

先ほどのピークを超えると山頂まで一投足。

DSC00250

9時14分
荒沢岳 1968.6メートル登頂です。

1986.7mと書いてある。

早立ちした人たちはもう縦走路へ向かったのか
妙高から来たという青年がいるだけだった。

青年と少しだけ会話をして
早くも彼は下山していった。

DSC00251

荒沢岳はガスに巻かれることが多かったのだが
今日の眺望は最高。

越後駒ヶ岳

DSC00252

中ノ岳

DSC00253

兎岳への縦走路

DSC00254

DSC00271

DSC00272

明日も天気がいいらしいので
明日は駒ヶ岳を登る予定です。

DSC00273

登ってきた稜線

DSC00275

しばらく雄大なパノラマを満喫。

DSC00280

DSC00281

DSC00283

紅葉はもう終わってしまったが
これだけ遠望できれば気分もいい。

DSC00284

中ノ岳にはまだ残雪がある。

DSC00286

20141011_arasawadake-panorama01-600

パノラマにしてみました
★クリックすると拡大します。

 

ゆっくりと眺望を独占していたが
しだいに後続の人たちもどんどんと登ってきて
狭い山頂はあっという間に満員となった。

 

つづく・・・・・

Twitterボタン
ツイッターやってます!