小出スキー場閉鎖!

今朝の新聞にでていたのだけど、
オラが街の「小出スキー場」が来シーズン限りで
閉鎖されるんだって 😯

「エッ〜〜〜〜〜〜!」

どうして、ですか?

単純明快、赤字経営だから
だそうですけど…….

魚沼市の市内の5つのスキー場も
須原スキー場を除いて
すべて閉鎖するらしい。 :haha:

これまた、単純に赤字だから。
事業仕分けのマネですか?

須原スキー場はどこか民間で買い手がいたら
民間業者へ譲渡。
なんとも、お役所仕事ですね。
赤字なので、止めます。
儲からなかったので、欲しい人へ二束三文で
あげます。

もちろろん、企業でも儲からなければ
やらないですけど……
もうけるために工夫や努力はします。
なぜならば、儲けないとお金が(給料が)
もらえないから。
生活していけないから。

今でこそ、スキーはしなくなっちゃたけど
子供の頃は、スキー部でシーズンには
ほとんど毎日スキー場へ行ってました。
休みの日なんて、朝からナイターまで
スキー三昧でした。

そのスキー場がもうなくなるのは
なんともさみしいです。

雪国魚沼なのにスキー場もないというのも
なんとも変なこと…….
子供たちは、スキーで遊べなくなってしまうんだ〜 🙁
それとも、今時の子供たちって別にスキーなんて
なくてもなんとも思わない?

魚沼から有名なスキー選手がでることも
なくなるんだ。

なんだか、とっても悲しいです。 😳

“小出スキー場閉鎖!” への5件の返信

  1. おっしゃるとおりだと思います。
    経済で物を考えると、弱い者(少数派)はどんどん切り捨てられて行きます。
    無駄な事は、切り捨てられて然るべきですが、人材育成、教育の観点から見ると、採算が取れないからと言って即廃止と言うのは、乱暴なやり方ですね。

  2. みなさん
    コメントありがとう。

    時代の流れとはいえ寂しすぎます。

    少数かもしれませんが、スキーが大好きで大好きで
    たまらない子供たちもいるんじゃないかと思います。
    子供たちは、もちろん遠くのスキー場へはなかなか
    行くことができません。

    大きくなったら、スキーの選手になろうと憧れている
    子供たちもいるかも知れません。

    幼くても未来への、夢や希望をいだくことは
    とても大切なことだと考えます。
    たとえそれが実現不可能なことでも。

    お金では買えることはできない「夢」を
    大人たちの単純なものさしで
    簡単に壊してしまってもいいものかと
    考えさせられます。
    魚沼の未来を切り開いていくのは
    今の子供たちにほかなりません。

    手弁当で熱心に子供スキー教室なんかを
    している人の意見もぜひ聞いてみたい気がします。

  3. う~ん
    時代の流れだからしょうがないか…
    で、小出高校のスキー授業もなくなるんだろうね….

  4. こんばんは。
    先日、年賀状用にトラ模様をいただいた、まいです。
    ちょこちょこと印刷を始めたところです。
    スキー場、5つ→一気に1つは、寂しいですね。

  5. かなりショックなお話です。
    特に【関越国際大原】には、お世話に成りましたので残念です。
    雪国の子供たちがスキーをする場所が無いとは、悲しい限りですね。
    ますますスキー人口が減って行って、将来的には、近隣のスキー場にも影響が出て来るのは必至ですね。
    一度に閉鎖するのでは無くて、せめて【小出スキー場】位は残して貰いたいですね。

コメントは受け付けていません。