魚沼の里山「鳴倉山」登山~2~

2013年2月17日(日)。

鳴倉山へ登ってきました。 😛

つづきです。

DSC06506

ということで、お昼に山頂につきました。
あのトンガリが鳴倉山579メートル山頂でしょうか。 😛

[tegaki]えらく怖そうなところのような感じですが・・・・・[/tegaki]

DSC06507

まずは山頂からのパノラマを楽しみましょう。

トヤの頭~黒禿の頭、笠倉山。
駒ヶ岳は雲の中です。

黒禿の頭~笠倉山へも登って見たいのですが
今年は2月後半になっても雪の量が多いので
ちょっと厳しそうですね。

DSC06508

八海山も雲の中。

DSC06511

大力山、南魚沼方面。

DSC06512

上、下権現堂も雲の中。

DSC06514

小出方面。

DSC06515

ここから眺めると、魚野川って小出から堀之内~川口の間は
右へ左へ ものすごく蛇行して流れているのがよくわかります。 😯

DSC06517

山頂は風が強いので
スコップで雪を掘って風除けを制作。 :mrgreen:
今日もスコップ大活躍です。

DSC06519

ではでは・・・・・
いつものように、てっぺんビールということで
[tegaki]かんぱぁ~~いっ!!![/tegaki] 😛
[tegaki]晴れると、気持ちいい~![/tegaki]

DSC06524

風が強いけど、お日様があたるととても気分がいいものです。

雪でしょうか????
もしかして、ダイヤモンドダスト?????
キラキラしたものが舞ってきます。
写真だとよくわかりませんが?
そんなに気温が低くはないから、風で雪が飛んでくるのですね。

DSC06535

[tegaki]おっ!!![/tegaki]
駒ヶ岳キタァ~~~!!!

DSC06536

とりあえずは、トンガッた一番高そうなところまで来ましたが・・・・・
落っこちると大事です。 😯

ちなみに、この鳴倉山ですが、
グリーンシーズンはパラグライダーの基地となっています。
なので、林道から車で登って来れます。
歩いて登山するには湯之谷大沢から登山道があります。

今回のコースは積雪期限定の尾根コースです。
夏場の登山道はありません。

DSC06537

大力山~黒禿の頭~駒の頭~トヤの頭~鳴倉山と周回コースもとれます。
雪のある季節限定コースですが、かなり行程が長いので健脚向けですね。
単独では行かないほうがよいでしょう。
誰にも会わないと思いますので・・・・・・ 🙄

 

DSC06544

権現堂も少し見えて来ました。

DSC06548

DSC06551

あっちに未丈ヶ岳が見えるんじゃないでしょうか

DSC06552

DSC06553

湯之谷地域

DSC06554

DSC06561

杉林もキレイですね。

DSC06563

DSC06567

越後駒ケ岳だけ、時たま頭を見せてくれます。

DSC06571

八海山の上の雲はどいてくれそうにありませんね。 😕

DSC06572

1時近くになったので、下山します。

DSC06577

今度はいつ晴れてくれるかわからないので
のんびり、のんびりと景色を眺めつつ。 😛

DSC06578

飛行機いっぱい。

DSC06582

直下がやけに急なのです。
スノーシューは踵から着地して雪面をおさえられないので
急坂は横向き・・・・・カニ歩きになります。 😳
[tegaki]これが、かなりシンドイです![/tegaki]

DSC06583

DSC06590

滑らかでキレイな雪肌です。
フアフアのパウダースノーですよ。

DSC06595

権現堂山も見えて来ました。

DSC06602

[tegaki]北から、雪雲がやってくるような?????[/tegaki]

DSC06603

DSC06604

DSC06606

さて、問題の急坂を降りなければなりません。
これくらい急なトラバースになるとスノーシューは難しい。 🙁

DSC06608

雪がある程度絞まっていると、
スノーシューは雪斜面と平行になってしまうし、
踵をズボッっと雪面に踏み込むこともできないので、怖いったらありゃしません! 🙁

急斜面では足の置き場所がないというか・・・・・
ビビりながらも、ちびっとずつ、よちよち歩きで降りるしかありません。

DSC06610

[tegaki]ヨチヨチ、カニ歩き・・・・・・[/tegaki]
ツボ足で降りたほうが安全かもしれませんね。

DSC06612

穴は登るときに埋めたので、はまってどうにもならなくなることもありません。

DSC06615

ここを降りるだけで何分もかかりました・・・・・ 😳
あとは危険なところはありませんので、一安心です。

ここも、3月になって暖かな快晴の午後ともなれば、
ドドっと雪崩落ちるかもしれませんね。

DSC06617

雪崩~~~。

DSC06623

こんな青空、ほんとうに久しぶりです。
日焼け止めなんて持って来なかったので
そろそろ、顔がヒリヒリしてきました。

DSC06624

雪崩~~~~。

DSC06626

アオくんの足あと・・・・・・・
足あとの続く先をじっと眺めてみると・・・・・

DSC06628

雪崩れた斜面の灌木のところにいます。
見えますか?

DSC06630

トリミング。
真ん中の少し上です。

しかしまあ、さすがは野生動物です。
人間では怖くて近づけないようなところでも平気で歩きます。 😯
今はこれ以上雪崩れないことを本能的にわかっているのですかね~?

DSC06632

一本杉まできました。
しばし、一服。 😛

登り始めはどうなることかと思った天候でしたが
晴れて良かったです。
真っ白な雪山に青空はとにかく最高! 😛

DSC06633

おとなりの大力山は今日は大勢登ったみたいで
トレースがクッキリハッキリと見えます。

鳴倉山は結局、3人だけでした。

DSC06635

ブナ林のほうから下ってみます。
やはり、今日は誰も登らなかったですね。

DSC06637

なんで、ここの尾根だけブナがあるのですかね????
ブナって昔は木材としてはなんの約にも立たない木ということで
根こそぎ伐採したらしいですが。
そして、杉の木ばかりを植林した・・・・・・

今ではブナ林の保水力が凄まじいことがわかったので
ブナは伐採しなくなったようですが。
木の少ない丸裸の山は土石流、鉄砲水、山崩れ、地すべりの元凶。
放置され手付かずになった杉林が残り・・・・人々は鼻がジュルジュル~・・・・・

人間は馬鹿だから先のことは考えない・・・・・・
動物のなかでは、学習能力がもっとも劣る生きものだそうで・・・・・・・ 😳

DSC06639

たくましいものです。

DSC06640

樹木は人間よりずっと偉いですわ。

DSC06644

宿り木。

DSC06645

共生もできます・・・・・・

DSC06646

2時間かけてのんびり無事下山できました。 😛

久しぶりに青空が広がった日曜日。
大満足の雪景色、里山登山でした。
鳴倉山は大力山より少し標高が高いだけですが
大勢の人が登る大力山に比べるとちょっとレベルが上でした。
初めて登ったからかもしれませんが?

普通の人は、冬に初めて登らないと思います????

2月も後半を迎えましたが、まだしぶとく雪が降っています。
3月になれば、少しは春を感じるような陽気になってくるでしょうか?

もう少し、雪が絞まってきたら
ちょっと高いお山へ登ってみたいと思っています。 😛

春が、かなり恋しくなってきたこのごろです。

 

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!