【メモ】ZBrush2022でリアルな瞳をつくる~Atomeyes Zmaker V1.0~

2022年2月4日(立春)

昨日は節分でした
やっぱり恵方巻食べました
めざしも食べました
落花生も・・・・
どうでもいいですね(;・∀・)

ZBruhでリアルな瞳づくりに
Atomeyes Zmaker V1.0というものがFreeで公開されていましたので
使い方のメモです

Atomeyes Zmaker V1.0

Freelance 3D artist

https://www.artstation.com/artwork/8lv3Nx

右下の方に
ダウンロードリンクがあります
649MBもあります

ZBrushを起動して
ライトボックス>ファイルを開く
解凍したAtomeyes Zmaker V1.0.ZTLを開く

2つのSphereがあります

あとは・・・・
ダウンロードした中にある
Atomeyes Zmaker Settingsを見ながら
サブツールの各レイヤーに数値を入れるだけです

いくつもプリセットが用意されていて
猫とか鳥とか、ドラゴンなんてものもありますよ

レイヤーなんて使ったことないですけど
こんな使い方があるんですね
機能のほとんどがわかっていません
奥が深い!!

なんも変わっていなみたいですけど
少し大きなSphere2があるので見えてないだけす

こんなことになってます
レイヤーでこんなことができるんですね

Sphere2のほうも
レイヤー項目に数値を入れます

ほほ~~~😅
血管が~~~

目って・・・・
瞳の部分が少し盛り上がっているのですね

ネットで画像を調べてみれば
わかります

これからどうすりゃいいのだ???

Sphere2をリフレクトのある透明にするらしいです

BPRレンダーは設定が難しい
中国の動画サイトに使い方がでていました

こちらも中国の動画サイト

Sphere2を小さくして
虹彩部分にしていました

日本語のサイトは見当たりません
英語のサイトもヒットしません??
なんでかな

表示設定
BPR設定>BPR透明シェーディング

なぜか???
やり方の順番が違うとYESがでない

レンダー設定
BPR透明

さっぱり透明にならぬ(;・∀・)
わからんちんだわ・・・

てかBRPレンダリングは
ZBrushでしか使えないレンダリングなのでねえ・・・

とあっさり諦めました

レイヤーはベイクすれば
スカルプト&ポリペイントされたサブツールになりますね

一応、複製を作っておいて
レイヤーをすべてベイク

Sphere2もレイヤーを全てベイク

ほらできた!!

このSphereにはUVマップが割り当てられている
モーフUVしてみた

UVマップ
ポリペイントから作成
テクスチャを作ることもできる

テクスチャは保存しておけばあとで使うことができる
ディスプレイスメントマップなども作っておけばいい

で・・・・
Sphere2を反射する透明にしたい

Keyshotで透明なマテリアルを適用すればいいんじゃないか??
透明なガラスをAltキー押してマテリアルだけ適用

なんで!!
真っ黒じゃない(;・∀・)

マテリアルのプロパティ
適用したガラスがソリッドになっていたので
ガラスに変更

おおっ~~
透明になった

テストレンダリング
前のよりもだいぶ
それっぽいかな😅

トラの瞳をなんとかしたいのだが・・・
猫の目は設定があるけど
瞳孔が細い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)