魚沼の野鳥~銀山平中荒沢~

2024年6月16日(日)

昨日の土曜日はなんと猛暑日になりました💦
6月に35度超えるなんてことは初めてかもしれません
こんな調子で夏になるとどうなってしまうのやら・・・

夏になったら秋にならないかな😏
暑苦しい夏は大嫌い

もう暑苦しくて小出公園での探鳥は日中は堪りませんので
近場で涼し気なところへ探鳥にいきましょう・・・・

涼しいところといったら
雪のあるところですね

銀山平中荒沢の万年雪まで探鳥します
受付のお姉さんに聞いたら
今年は少雪だったので
6月1日から西本城沢万年雪の遊歩道は
開通したそうです
※入場料200円(万年雪まで行けなくても200円)

林道歩きは野鳥が遠いので
ゲートから車で登り口までやってきました🚗
2キロくらいあります
こりゃ楽ちんです

手書きの地図をもらったのですが
最終の駐車場がどこだかわからない
案内マップによると
雪見橋という橋の先が駐車場のようです

ひとつ下に車を停めていましたので
行き止まりまで車を移動・・・
先行者の車が一台ありました
なんだ???
あまり人気ないのかな??😏

昨年も中荒沢は来ましたが
まだ万年雪まで開通しておらず
林道周辺で探鳥しましたがろくな写真撮られず😂

実はこの万年雪遊歩道は初め歩きます

10時を過ぎて・・・
まあ、今日もあまり期待しないで
とりあえず行くだけ行ってみましょう

遊歩道と書いてあるので
比較的平らな道なのかと思ってましたが
思いの外、登山道っぽいです
探鳥なのでもちろん
CANON R7ミラーレスカメラにSIGMAの150-600ミリ+テレコンの重いカメラセットを
一脚につけていつもの探鳥スタイルで手に持って歩いていますが
こりゃカメラクリップにつけないとちと危ないですね

目線の高さ絶妙な位置に留まって囀っています
なんだかへんな囀りだな????

ちょっと~~ズームが440ミリです

オオルリ男子との距離は10メートルくらい
840ミリまで寄りました
今日は曇っているのでちょっとうす暗い木々の中です

ISO6400になってしまう

晴れていればISO400以下になったのに残念です

オオルリ男子はしゃがんで尾を立てたりする

羽も広げてプルプル

ピントがなかなか合わなくて
写真を撮れなかったんですけど
すぐ右上の枝に女子がいました

おそらくですが
男子は2羽いたのかな??

いつもの悠長なのびのびした美しい囀りではなくて
変わった囀りだったのは
女子をめぐって争っていたのかもしれません

初めて耳にする声でしたが
語尾に「ガッ、ガッ、ガッ、ガッ、ガッ」っと
ルリビタキのように威嚇するような大きな音を出していました

写真ですが・・・
前にうっすら葉っぱが被っているので
移動する余裕もありました
長い時間同じようなところに留まっていてくれる野鳥なら
下手くそなオイラでもなんとか撮影できますね😄

おっぽを上げるこのポーズは
女子への求愛ディスプレイ

できるだけISOを下げたいので
1/160秒
マイナス1EVくらいで
なんとかISO1250~1600くらい

ぶれている写真を量産しましたが
こんなチャンスは年に一回あるかないかですので
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で!!🤯🦜🎉

あまりにも嬉しいので
同じような写真がずっと続きます

RAWデータはかなり暗いので
Lightroomですべて補正しています

まだずっとこの場所で変わった囀りをしていました・・・・

登り口から万年雪までは30分ほどの行程
展望台があるらしい???

予想以上に登山道っぽいので
重いカメラを手に持って歩くには難がある
転んで壊したら大変です😰🤯

えっ!!!
沢のほうからミソサザイの囀りが聴こえてくるのですが・・・
銀山平の白沢では聞こえなくなったけど
ここはいるのか!!!

万年雪展望台へ到着

おお~~~
なんか涼しいぞ

全景

そういえば・・・
荒沢岳で滑落事故があったようです

雪が少ないと言っても
まだまだ分厚くたっぷりあります
コチコチなので滑ります
チエーンスパイクなどあったほうがいいかもしれません

夏場になるとスノーブリッジが割れたりするんかな??
まだ余裕であちこち歩かれます
ここの標高は1000メートル少しです

先行者はご年配の知り合い夫婦でした
ご挨拶をしてしばらく談笑・・・

あそこにサンカヨウ咲いているとか
シラネアオイも咲いている・・・・

シラネアオイ

多くはないですが
雪が溶けたばかりのようですね

斜面のヤブにはサンカヨウ

今年はじめてですね

本城の滝
近くで見たこと無かったけど
ずいぶん段々になってるんですね

雪があるのでめちゃくちゃ涼しい
ここで早めのランチタイム🍙🍺

曇っているし風もでてきて
半袖だったので涼しいを通り越し寒いです💦😰

ウラジロヨウラク???

ギンリョウソウも

たっぷりのんびりしたので帰ります・・・

黒っぽい小鳥が沢の方から飛んできた

「チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ」と
セキレイの幼鳥のように鳴いているのは・・・

なんと!!

さっき見えたのは母鳥ですね
銀山平は標高が高くないので
ここでは繁殖はしていないのかと思っていましたが
来るときに囀りが聴こえていたのは
繁殖をしていたんですね😃

こっち向いて・・・

とても暗い場所でしたので
ISO感度はかるく10000越えでしたが
まさか赤ちゃんに逢えるなんて思ってもいませんでした

みそっ仔ファンとしてこの上ない幸運な出来事でした

まだ少し上の方で「チッ、チッ、チッ、チッ、チッ」と鳴き声がしています
また降りてこないかと待ちましたが
上へ行ってしまいました

まさか中荒沢でみそっ仔に出会えるなんて
思いもしませんでした
うれしいのなんのです😃🎉
ミソサザイが小出公園にいるのを初めて知ったのは
この冬です
撮影もなんとかできました
なんだかみそっ仔に縁があるのかなあ🐦️

この場所で繁殖していることがわかりましたので
来年も訪れたいと思います
営巣地はたぶん沢のほうかと思われます
雪があれば降りられそうですけど
恐らくその時期は遊歩道が開通していないでしょう
開通してからは沢へは降りられませんね

標高は950メートルくらいかと思うのですが
万年雪があるため気温がさほど高くならないためか
通常は標高1500メートル以上で繁殖するミソサザイですが
西本城沢の気温などが繁殖に適した条件と
あまり違わないからかもしれません

来シーズンも要チエックポイントです

帰りもまた同じ場所で
オオルリ男子はまだ囀っていました

昨年オオルリ夫婦ととても近くで偶然に間近で出会ったところは
今年は逢えていません
このポイントは毎年近くで見られるかも!!

大体は木のはるか天辺でお腹だけしか見えなかったり
天辺なので遠すぎる
目線の位置で撮影できる場所はそうそう多くはありません

今日はあまり期待していなかったので
とてもラッキーです

同じような写真が続きます・・・

もう少しでいいので
光量あったら最高でした
紺色のところへ光があたらないと
美しい瑠璃色には見えません
こちらもルリビタキと同じく構造色です
ルリビタキ♂と異なって目の周りはかなり黒に近い深い紺色をしています

しかし、これくらい近くで見られただけでも運が良いです

小出公園とかでは
もうオオルリの囀りが聴こえない

メスの写真も撮りたいなと
探しますが見つけられませんでした

100枚くらいはシャッター切ったかな

オオルリ男子は自分としては今季上出来の写真となるでしょう
あくまでも自己満足としてですが・・・・

いいポイントでしたが
この写真も前になにか被っていました????

動画も録画ればよかった
変わった囀りを覚えられたのに

なにか前景にあるので
ぼやっとしてしてしまいました🤦‍♂️

位置情報の覚書に・・・・

ここです

ちょっと道が泥濘んでいたところです

折ブログを見て探鳥に行く人はいないと思うので
場所も覚書

地形図によると
沢まで15メートルくらいしか離れていませんね

近くでオオルリと
みそっ仔(ミソサザイ)母鳥と 幼鳥にも出会えた
とても運の良い銀山平中荒沢の探鳥でした🐦️
もっと運が良ければヤマセミなどにも逢えるかもよ!!

いい場所をみつけました
ここは残雪があれば夏も涼しいので
また探鳥に訪れたいと思います
万年雪まで行くまでは暑苦しいのか💦

問題は・・・
まだ撮れていないサンコウチョウだ🦚
バーダーさんから撮影のコツなるものを教えてもらったんだけど・・・・
向こう側が透けている杉林で遠くをぼんやりと見ながら
背景を遮るように動くのがサンコウチョウと・・・・
難し過ぎる🤯🤦‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください