テントの設営とテスト

On 2016/11/24, in 登山, 雑記, by masaki baba

2016年11月23日(勤労感謝の日)   勤労感謝の日で休日ですが 朝から冷たい雨が降っています 午後からは曇りの予報でした しかし、雨は小降りですが止まず ジョギングでも行きたかったのですけどね~(・。・; […]


2016年11月23日(勤労感謝の日)

 

勤労感謝の日で休日ですが
朝から冷たい雨が降っています

午後からは曇りの予報でした
しかし、雨は小降りですが止まず
ジョギングでも行きたかったのですけどね~(・。・;

 

そうだ!!
雨降りで気温も低いので
先日購入したテントの設営の練習を兼ねて
テント内と外気温差で結露がどれくらいでるのか実際に体験してみましょう

 

 

img_5478

設営場所は・・・・
標高94メートルの自宅裏です
アホみたいですね(;・∀・)

img_5481

設営は10分もかかりませんでした
とても簡単です

なんか・・・・
雨が止みそうなんですけど(;・∀・)

img_5482

上部のベンチレーターは暴風雨になると雨が入るかな???
大丈夫か?

開けたり閉じたりはできない
開きっぱなしです

img_5483

入り口も空いている

img_5484

img_5485

これか~

img_5500

なんでB品なのかは
これのことだと思います
logoのミスプリント

img_5487

やけに温かいですが・・・・

img_5493

どんどんと室温が下がってきました

img_5494

テント内でお湯を沸かしてみます

内部の温度が上がるので
外との気温差で結露が発生するはずです

 

img_5495

とりあえず
インスタントコーヒーブレイク(^o^)
コンデジのレンズがすぐにくもるくらいモワモワです

img_5496

でも1℃しか気温があがりません
湿度はかなり上がりました

ちなみにこの時点での小出アメダス気温は4.5℃くらいだったようです

img_5499

 

うっすらではありますが
水分がついています
手がわずかに濡れるくらい

7℃くらいの気温差でこれくらいならいいほうなのかな???

しかし1時間半くらいで、こんな感じだと
就寝時の条件によってはけっこうな結露になるかもしれませんね??
春秋の寒くなる季節はシュラフが濡れないようにシュラフカバーがあったほうがいいかな

img_5501

雨はかなり小降りになってしまったので
浸水テストにはなりませんでしたが
まだ新しいので撥水して生地を叩けば水滴がとれまったく濡れていません

結局詳しくはわかりませんでしたが
やはり結露はそれなりに発生するようです
当たり前ですか・・・・

まあ、高価なX-TREKファブリクスの3レイヤーなんかでも
テント生地自体は濡れなくても結露は防げないそうですので
シングルウォールテントの結露は宿命なのでしょう

家でも気密性の高い現在のアルミサッシを見れば一目瞭然です
冬時期に暖房すればあっという間にダラダラに濡れますからね
どこかで知りましたけど・・・
アルミサッシを使っているのは日本くらいなものらしいです
ヨーロッパなどは木枠の窓か樹脂製の枠らしく
結露はアルミサッシほど酷くならないようなことを耳にしました?

結露が絶対いやなら・・・・
内部も外と同じ温度にすればばいい!!!
そしゃ、寒いわな(;・∀・)

 

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!

Comments are closed.

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Scroll Up