平標山~仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭登山~その3~

続き…….

今回は、やけに長くてすみません。
なんたって、「恵比寿様」と「大黒様」を拝みに行くので
ちょっと、テンション高いです。

「エビス大黒ノ頭」を目指して急降下です。

鞍部まで降りてきました。
トタンの避難小屋があります。
3人くらいしか、入れませんね。
避難してたら、雷直撃するかも??

平標から谷川岳の間は幕営禁止らしいので、ここで寝る人もいるとか?

いい感じの、岩稜じゃないですか~。
写真の真ん中より、少し左上の先がトンがった柱のような岩。
絶妙なバランスですね~。

だいぶ近づいてきました。

「エッ!」
もしかして、この岩場を越えるんかいな~?

よじ登ってみました。

怖いものは見たくなる性格なんです。
見ない方がいいんですけど…..
落ちてますね~。

岩場の目の前に咲いていた花。
ちっちゃくて可愛い花ですけど…
名前は分かりません。 :dsadasccc:

★図鑑を検索したら
「イワヒゲ」っていう花みたいです?

アレまあ~~。
この岩はどこから登のかいな~?
まっすぐは無理だいな〜。

帰ろうかな~~~。

こんな花も咲いていました。
またしても、名前は分かりません。

さっきのと、違う花。

★「セツブンソウ」????
花びらの形も黄色い部分も違うような????

さっぱりわからん….
今度は図鑑でも買わんといかんな〜 :dsadasccc:

小さくても元気な花たちに励まされて、登ってみますか~

岩登り〜〜!!

下を覗くと…….

ギャ~!

「地面が無い….」

見るんじゃなかった~。

あの岩が「大黒様」か?

こっちが、「エビス様」????

違うよな~。 :dsadasccc:

「エビス大黒ノ頭」1888m。
めでたく登頂~~~。!
スタートから4時間20分弱。

文字が消えている……..

山頂は狭く、オジサン一人と、オラより先に登っていった若者一人。

ここで、めでたくビールタイム~~~。!
おにぎりもね。

今日は特別に発泡酒じゃない
キリンラガーですよ。 :sd:
ビールですよ!!

と、よくよく考えてみたものの
「エビス大黒」……..

よく考えれば、奮発して「エビスビール」を持ってくるだろうが~。
失敗だ…….

この後、若い方の連れがお二方登ってきました。
合わせて5名。

「万太郎山」への稜線。
こっから、2時間くらいとのこと。
無理……

行けても、帰ってこられなくなるの〜。

「平標山〜谷川岳」へ日帰り縦走しちゃう
ご〜ぎな強者もいるらしいですけど、
大したもんですな〜。

「仙ノ倉山」。

遠くに「巻機山」。

群馬県の山並み。

念願の「エビス大黒ノ頭」までこられたので
満足満足。 :sd:

スカッと青空だはないけど
ガスって景色が見えないわけでもなく
ラッキーと言えば恵まれてました。

まったり楽しんだので、下山しませう。

さようなら、「エビス大黒ノ頭」さ〜ん。

なんか、ご利益があるといいのですけど……

やっぱり、どこの岩が

「恵比寿様」?
「大黒様」???

か、分かりませんね〜。

お名残惜しいけど、
下ってきました。

さあ、こっから「仙ノ倉山」まで登り返しです。

「エビス大黒ノ頭」を振り返りつつ…..
のんびり、行きましょう。

登り返し終了〜。
風が冷たくて心地いいので、それほど疲れませんでした。

「仙ノ倉山」到着。

「平標山」への稜線歩き。
てくてく、のんびり歩きます。

行って来た「エビス大黒ノ頭」。

シーズンに向けて
木道の修復作業が始まるのでしょうか。
木も石も運び上げるのでしょうね〜。
(ヘリか?)
木道整備は、大変な重労働だと思います。
ありがとうございます。

「平標山」到着。
下に見えるのが「平標山ノ家」でしょうか。

後で、気がついたんですけど、
こっちから下山しても同じ「元橋」へ降りることができるのですね。

地図をちゃんと見なさい…… :haha:

そんなことも知らずに、登ってきた「松手山コース」を下山。
まあ、いいや〜。 :sd:

見た事無い、真っ赤なクモ???
が、いっぱい地面にいるんですけど……

クモじゃななくて、
赤ダニらしい?
かゆくなってきた〜〜!!

さようなら「平標山」さん。

木の階段を下りて、
どんどん降下中。

なんだか、履いて来た靴。
右足のくるぶしにあたって痛いんですけど…..
この前は、右足のかかとにあたって痛かった。
左足はなんともないんですけど
右靴だけ、どうして?
不良品か?

下山時は、特に気になる….
参ったな〜!こりゃ〜!!

雪の無い、夏道の下山は
今年は初めてなんで
けっこう、疲れまする…..
オラは下山が苦手じゃ〜。
登るスピードをあんまり変わらないような…..

この前、教えてもらった花
「イワナシ」。

3時半過ぎに、ようやく無事帰還。
車の数も少なくなった。

駐車場の係のオジさんと、ちょっとお話。
オジさんは、登山はしないような感じで
どうも話が噛み合ない…. :dsadasccc:

駐車代金500円は後払い。
湯沢のトレッキングのパンフレットをもらって
帰路へ……

楽しい山登りをありがとう。

今度は、花の咲く季節に…..
花の百名山「平標山」だもんね。

メチャ混みかな〜。