尾瀬ざんまい「滝めぐり」〜3〜

2011年7月24日(日)。
尾瀬へ避暑に行ってきました。

さらにつづきです。。。 😛

[tegaki]ブログネタがすくないもんで。。。[/tegaki]
[tegaki]細切れですいませんです。。。[/tegaki] 😳

「見晴」から「赤田代」を経て
「平滑の滝」へ向かいます。 😛
2.6キロくらい。

木道歩きは、ほぼ平坦なのでラクチンですね!!

[tegaki]しかし。。。。。[/tegaki]
[tegaki]お昼からは、雨の予報だったが、[/tegaki]
[tegaki]いい天気ですよ!![/tegaki] 😛

クガイソウ。

赤トンボ。。。ピンぼけ。。。 😳

尾瀬も燧ヶ岳もアキアカネはなんかあんまり飛んでいなかったな〜。
柴安嵓のてっぺんで、蚊に刺されたもんな!

ノアザミ。

夏の尾瀬の代表選手といえば「ニッコウキスゲ」ですが
こっち側の方は、あんまり咲いていませんでした。

もう、終わっちゃったのかな??? :dsadasccc:

コバギボウシ????

キンコウカ。

ハクサンチドリ????

??????

30分ほどで温泉小屋へ。

平滑の滝はもう少しです!

[tegaki]ゴ〜!ゴ〜!![/tegaki]
と川の音がだんだんと近づいてくる。

「平滑の滝」到着です。

20数年ぶりにやってきました。
[tegaki]圧巻でござるなぁ〜!![/tegaki]

[tegaki]そっちは入っちゃダメだぞっ!!![/tegaki]

滝は上流方向を眺めないとね〜。。。。。
平に見えるけど、上からの落差は70mもあるのだそうです。

カメラの三脚なんて荷物になるので持ってこなかったけど
岩でカメラを押さえて、2秒セルフタイマーで写してみました。
絞り込んでシャッタースピードを遅くすると、
水の流れが糸を引くように表現されますよ!

[tegaki]でも、良く見ると、ブレブレ。。。。[/tegaki] 😳

お次ぎは、三条の滝へ!!

途中の小さな沢も清涼感たっぷり。

こういうのは、本格的に三脚ないとムリですな!

さらに、木の根っこの道を登ったり、下ったりしながら。。。。

だんだんと水の轟音が近づいてきます。 😛

「三条の滝」。

[tegaki]こりゃまた! 大迫力だっ![/tegaki]
落差は70mくらいでしたでしょうか?

滝が落ちる風が、ここまでやってきますよ!
[tegaki]最高ですなぁ〜〜!!![/tegaki]

[tegaki]夏の涼にはぴったりですな〜〜〜![/tegaki] 😛
しばし、清涼感を満喫タイムでござる。

コンデジで久しぶりにムービーも撮ってみましたが。。。
[tegaki]横向きでした。。。[/tegaki]
タテにはできなかったような????

滝の流れが三本の筋に分かれているのがはっきり分かります!
なので、「三条」の滝とい名前なのだそうです。 😛
渇水期の夏場はよく見えるそうです。
春は雪代で水量がとても多いので、それはそれでさらに迫力満点でしょう!

数年前に三条の滝には立派な展望台がつくられて
全容がよく見えるようになったそうです。

ずっと前に来た時はこんなのはなかったです。
滝をできるだけ正面から写真に納めるには
道無き道を降りて行って、写真を撮った記憶があるのですが??? :dsadasccc:

[tegaki]しばし、日本の夏きぶん。。。。。[/tegaki] 😛

では、三条の滝をあとに
燧裏新道より御池を目指します。
14時。
7.2キロのトレッキングです。
[tegaki]まだ、けっこうな距離がありますが。。。。[/tegaki]
[tegaki]木道歩きなんで、なんとかなるでしょ???[/tegaki]

と、思ったのもつかの間。。。
ここから、一気に100m高度を上げる急な登りが待っていました。。。。
[tegaki]疲れてきた足にはこたえますなぁ〜!!![/tegaki] 😳

分岐へ。
あれっ???
御池まで5.5キロ??

地図だと6.3キロなんですけどね??

地図とは全然距離が違うのですが????
[tegaki]地図が間違っているのか? 道標が間違っているのか???[/tegaki]
[tegaki]そもそも、適当なのか?????[/tegaki] :dsadasccc:

まあ、1キロくらいの誤差はどうでもいいですけど。。。。。

「裏燧橋」
こんなりっぱな吊り橋があったのですね〜。

[tegaki]ちょっと、一服。。。。[/tegaki]

シボ沢という沢でしょうか?
今は水も流れていませんが、車大ほどの岩がゴロゴロと転がっています。
雪代や鉄砲水の時は凄まじいのでしょう。

この大木もなんとも異様にねじ曲がっています。
冬の自然の厳しさが感じられます。
こんな木々をみつけると
いつもの事ながら、たくましさに尊敬してしまうものです。

[tegaki]人もかくありたいものです。[/tegaki]
なんてね!
ホントのところ自然は強い者しか生き延びれないのですよ!

「燧裏林道」は三条の滝から緩やかなアップダウン
中盤からは小さな湿原が点在してきます。

「天神田代」「横田代」「上田代」。。。。
こっちの湿原に行けばニッコウキスゲが咲いているのでは???
と、期待していましたが
[tegaki]咲いていませんでした。。。。[/tegaki]

けっこう歩いたので。
[tegaki]足の裏が痛くなって来た。。。[/tegaki]
重い登山靴は木道歩きは苦手ですね。 😳

あと2キロです。
もう、終盤にさしかかってきました。

どこが、何田代だかよくわかりません。
でも、湿原がたくさんあります。

ノメリ田代????

御池までもうすぐでしょうか?

[tegaki]エッ????[/tegaki]
さっきの道標は2キロだったのに。。。。

あと1.5キロって。。。。。
500mしか歩いていないわけないんですけど?????

[tegaki]ぜったい、ここの道標は間違っていると思います????[/tegaki] :dsadasccc:
[tegaki]計測した人は申し出ててください![/tegaki]

[tegaki]もしかして、○電の人じゃないでしょうね???[/tegaki] 😡

[tegaki]だいぶ、疲れてきたから、長く感じるだけでは????[/tegaki]

コオニユリ????

ようやく終点「御池」が見えて来ました。

[tegaki]とうちゃくぅ〜〜!![/tegaki]
16時。
[tegaki]日が暮れなくて良かったよかった。。。。[/tegaki] 😳

いやはや、なんともロングな山行でした。
燧ヶ岳へ登って、見晴でビールも飲んで。。。
名瀑で涼をとって、湿原の風景を眺め。。。。。。。

とっても、よくばりな盛夏!「尾瀬ざんまい」。
雨に降られるかと、半ば諦めていたけど
終日、晴れていたのもラッキーでした。
たいへん爽快な一日に大満足です。 😛

@ino275さん、とろ〜り山行にお付き合い
ありがとうございました。
これに懲りず、またどこかへ行きましょう!!! :sd:

おしまい。。。。

Twitterボタン
ツイッターやってます!

“尾瀬ざんまい「滝めぐり」〜3〜” への1件の返信

コメントは受け付けていません。