【メモ】カシミール3Dで基盤地図情報5mメッシュを使ってみる。

カシミール3Dの使い方のおさらいです。
無料で使えるお手軽景観ソフトです。
GPSとも連動しますし、電子国土の地図とも連携します。
登山が趣味の方は使用されている人が多いです。

私は、ハンディGPSなんて高価なものは
もちろん持っていないので、もっぱら登ったお山から
見えたあの山は????
というような状況で使用しています。

国土地理院のホームページから無料でダウンロードできる
5mメッシュデータが公開
されています。
今までは10mメッシュデータを使用していましたが
さっそくダウンロードして使ってみたいと思います。

以前はどうやったのか?
いつものようにきれいサッパリ忘れていますので
今回はメモです。

カシミール3DのHPにも詳しく説明されています。

まずは「基盤地図情報ダウンロードサービス」のページ
最近?からはログインしないとダウンロードできないようになったようなので
登録してください。

上記の画面から
基盤地図情報 数値標高モデル
JPGIS(GML)形式を選択します。

新潟県の5mメッシュ(標高)を選択してみます。

容量が大き過ぎてダメだそうです。。。。。 🙁

新潟県のみを見ると。。。。
魚沼がない。。。。。 🙄

元に戻って
「地図から選択(5mメッシュ)」から入ります。

日本地図が出ますので
新潟あたりをクリック。

細かく分割されていますね〜。
基本測量成果。。。
公共測量成果というのがありますが?????
国土地理院が整備したデータと国交省が整備したデータがあるようです。
例によって。。。。
ダブっているところがありますが。。。
こんなところも縦割り行政ですかね。。。。

そういう話はおいておいて。。。。 👿

山間地域は「公」しかないので
私の登りそうなお山のある地域をクリックして選択していきます。

今回は試しに上越国境〜魚沼の山あたりを選択。

そもそも地図がない地域もあるようです。
もしかして???
高いお山はないのかな〜???? 🙄

たくさん選択したので
「選択完了」をクリックします。

ダウンロードファイルリストのページが出ますので。
一つずつダウンロードします。

圧縮ファイルがたくさんダウンロードされました。

解凍。。。。。

解凍されたデータはxmlデータです。
少ししかダウンロードしてないのですが2590個もファイルがあります。

xmlファイルはそのままでは使えないので
xemファイルに変換します。

カシミール3Dの基盤地図情報プラグインというものを
予めカシミール3Dにインストールしておかなければいけません。

5mメッシュ上越国境周辺というフォルダの中にxmlファイルをまとめて入れておきました。

カシミール3Dを起動して、
5mメッシュ上越国境周辺というフォルダの中のxmlファイルをひとつ
カシミール3Dを起動した画面にドラッグ&ドロップします。

xem変換後の保存先フォルダを参照して。

画面に従って
xemへ変換開始です。

変換中。。。。。

完了。。。

????
応答なし。。。。。 😳

完全に固まりました。。。。。

xemファイルは保存先フォルダにできていますので
全部選択して
カシミール3Dの起動画面にドラッグしてもOKだそうです。 😛

全部選択して画面へドラッグします。
2533個もファイルがありますが
大丈夫でしょうか?????

・・・・・・・・・・・・・・・
応答なし。。。。。。。。。

ダメですかね???? 😳

しばらくすると
表示されました。

が。。。。。。。
欠けている。。。。。 😯

肝心なハナコさんがいない。。。。。

谷川岳もいない。。。。。

山岳部はデータが無いのかな???
それともなにかやり方がまずかったのか???

データが壊れたとか????? 🙄

一応、私の街
魚沼小出はあります。

なんだか佐梨川、羽根川の上流が途中で欠けているけど????

藤権現山からカシバードで眺めてみる事に。

レンダリングすると。。。

やっぱり、地図情報が無い部分が天地創造的次元で地割れ。。。。

ダメだこりゃ。。。。。 😳

もともとデータが欠けているのか???
やり方が間違っているのか???
だれか、わかる人がいたら教えてください。。。。。。

10mメッシュデータは以前にダウンロードして使っているので
山は10mでも良いと言えば、いいのですけども。。。。 🙄

Twitterボタン
ツイッターやってます!