セキセイインコ フィギュアをつくってみる。~4 肉抜き作業~

2014年1月25日(土)

あとはドンドンとPaint・・・・・

 

と思いきや・・・・・
大きな問題が・・・・
3D プリンターで出力するには

「肉抜き」・・・・・・などという言葉が・・・・・

なにそれ・・・・?????

中を空洞にしてあげることだそうです。
空洞と言っても、ポリゴン一枚には厚みはありませんので
ブーリアン演算で内部をくり抜く感じですね。
厚みを2ミリ以上持たせないといけないらしい?

2ミリと言われても・・・・・
ZBrushでは採寸ができないのですが・・・・・

 

まずは肉抜きの練習を。

duplicateしたものを
マイナスinflateで小さくしました。

穴が開いていいなければいけません。

InsertCylinderをつないで
引き算のブーリアン演算をすればいいのかな?

引き算は左から二番目をチェック。

MergeDown

あれっ????
ブーリアンされていませんが????

 

Dynameshを更新するのだそうです。

できた。

ZBrushは輪切りをしてもよくわからないですが
厚みを持たせて中に空洞ができました。

当然、中にもポリゴンができましたので
ポリゴン数が多くなってしまいますが・・・・・

では、セキセイインコちゃんで

Duplicate

細すぎるところはカット

マイナスInflate

smooth

こんなくらいかな?

InsertCylinder

足の間に穴を開けます。

MergeDown

Dynamesh更新

できました。

なんだか
お腹の下に穴があるのはかわいそうなので・・・・

お尻の穴にします。

MergeDown

うんち・・・・・・・(;´∀`)

Dynamesh更新

お尻の穴

デカイ・・・・・・・

お腹に穴があるよりいいかな。

 

Dynameshで310万ポリゴンも

ポリペイントを使って
ZRemesherを

Polypaintは何故か
中にもペイントされてしまいます?

310万ポリゴンもあるDynameshではPolypaintをうまくボカせないので
Dynameshの解像度をを下げてPaintの境目をボカしたほうがいいでしょう。

シフトを押しながらななぞるとボケます。

ダメ

何回か試行錯誤を。

足の付根あたりがちょっと・・・・・・

projectAll

肉抜きモデルの出来上がり。

小さいフィギュアであれば
わざわざ肉抜きなんてしなくてもいいらしい?

次回はようやく
Paint。

ツイッターやってます!