週末は小出公園で探鳥

2023年10月28日(土)29日(日)

このところ週末になると天気が悪いです
天気に文句っても仕方ないですけど意地悪ですね😩
朝方は雨が降らないようなので探鳥してみることにしてみました🦜

これはこの週の昼休みに
冬鳥が渡ってきたそうなので
会社近くの八色の森公園へなにかいないかと
探鳥したときのもの・・・

公園の池にカルガモはたくさんいる
ちょうど良さそうな水辺なので
カワセミとかいないのかな??
人工の池なので魚がいなそうか??

ほんの20分程度しかできない
数日通いましたが八色の森公園鳥密度低いですね?
やはりお昼の時間帯は鳥もお休みタイムなのでだめみたいです

変わった鳴き声の仔が一羽やってきた
カイツブリかな
やはり魚いるのか??

カイツブリは鴨の仲間ではありません
カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属に分類される鳥類の1
全長約26cmと、日本のカイツブリ科のなかではいちばん小さい。

なぜか一羽でぼ~っとしていた
サギはこの距離だと普通は飛び去るんだけど・・・

結局のところ
まったく目当ての野鳥には逢えず🦅

天気の優れない週末土曜日・・・
5時半に起きて朝飯前に2時間くらい探鳥してみます

気になっていた
魚野川左岸河川敷
みごとに伐採されてしまいました

なんのためにするのやら???
川砂利でも採るのか??
切ってもまた数年で生えてきます
まさか! 奥の方までするつもりなのか!?

そう言えば・・・
今年秋、魚野川への鮭の遡上が異常だったそうです
採捕場で捕獲された鮭が38匹しかいなかったとのこと
平年3000尾くらいらしい
この週末で鮭漁の「うらい」は撤去
原因がまったくわからないと???
いつもは仲橋から川を見下ろすと
鮭の泳ぐ姿が見られるのだけど
この秋はまったく見られなかった

専門家によると???温暖化の影響と???
鮭の専門家なんているのかな
何でもかんでも温暖化が影響しているといえば人が納得するのか??😏

6時ころに家を出て・・・
6時はまだ日が昇っていないので
光量が足りなすぎです

ホオジロ

トンビ
朝なのにほかの鳥はいないんですか🦅

シジュウカラ
まだかなり暗い

6時半をすぎてようやくお日様

ホオジロ♀

7時前です
野鳥にとっては朝ごはんタイムですけど
それほど多くいないではないですか???

帰り際・・・
いたいた
写真のなかにいます

「ケッ、ケッ、ケッ、ケッ」っと連続した鳴き声は
アカゲラかと思っていましたが
アオゲラだったのですね
さえずりは「ピィ~~」です

横向きになってくれずに
飛び去ってしまった

鳴き声はよく耳にしますが
なかなか出会うことがなかったので
良しとしましょう😀

魚野川左岸の河川敷に
冬鳥の「アトリ」の群れ発見

後ろ向きですけど・・・
入り組んだ葉っぱの中、動きが素早くてうまくいきません

100羽以上の大群で飛び去っていきました
群れで飛んでいるところは撮れず😩🤦‍♂️
大群で行動していることが多いらしいので
今度はカメラ設定を素早くチェンジです

アオサギ

日曜日も6時から探鳥へ
河川敷にまたアトリがいますが
暗すぎです

シジュウカラ
暗いし遠い・・・😏

仲良く同じところにいるので
ペアかな

おお~~
松金比羅のあたり
野鳥が混群で朝ごはんタイムのようで
バサバサ飛び回っていました

おかえりなさい🦜
冬鳥のツグミですね

これは何の実かな
葉っぱの形がナナカマドじゃないので
アズキナシかな??

赤くなる実はいろいろ多くて良くわかりません

こちら側は朝は逆光になるので
なかなかいいカットにならず・・・📷

ヒヨドリも混じっています

いろんな鳥が混じって行動することを
混群というとのことです

朝ごはんは何の実を食べているのか
観察していれば見つけやすくなりそうです

秋桜

藤権現山下の林道へ・・・

「ギィ~、ギィ~、ギィ~、」という鳴き声は
聞いたことがありました

一番ちっちゃなキツツキ「コゲラ」です
スズメくらいの大きさです
幹をつついて朝ごはん中・・・・🍚

コゲラの下から
後をついて登っていくのは
お久しぶりの「キバシリ」

二羽一緒に写したかったんですけど
なぜかファインダーが曇ってしまって見えなくなった

コゲラよりひと周り小さいです
木に同化している模様

コゲラは朝ごはんに夢中です
食事中はカメラレンズを向けても逃げないことが多いのかな?

同じ木をあっちこっち移動していましたので
しばらく観察することができました

穴の中もチエック!!

同じ場所に今度は
「ニィ~、ニィ~、ニィ~」のヤマガラさん

昨日はあまり出会えなかったけど
今朝は鳥密度とても高いです😀
やはり朝ごはんタイムの探鳥がチャンスが多いんですね

またトンビ

補正しました
瞳もまあまあ写ってた

向こうからこちらへ飛んでくるときに
400ミリくらいまで引いて飛翔個体をトラッキングしながら
じわじわとズームアップ作戦
シャッター半押ししないとトラッキングしてくれないから
これがなかなか難しい・・・😏

嘴がかけたので
直しました😁

エナガ

ホオジロじゃない??
メスのホオジロ???

お腹が白い
ホオジロではないようです

カシラダカのメスではないかと??
カシラダカなら冬鳥ですね

頭の羽毛がもう少したっているのかな??
オスは頭が黒いので判別できそうですが

よく似た鳥に
オオジュリンという鳥もいます
スズメ目ホオジロ科

野鳥の識別は難しいです🦅
オスは派手な色をしているので
外見で見分けることができますが
メスはみんなとても地味な色合いです

日曜日はまずまずの野鳥に出会うことができました

これからは葉っぱが落ちると
オラみたいな素人でも見つけやすくなる季節
逢えるかな~ジョウビタキ、ルリビタキ🦜

******************************************
Jetpack AIアシスタント


スズメ目ホオジロ科(Passeriformes)は、鳥類の分類群の1つで、オーストラリアやアフリカ、南アメリカなど、世界中のさまざまな地域に生息する鳥の種類を含んでいます。

ホオジロ科の鳥は一般的に小さく、体形は細長く、くちばしも細く尖っています。この科には、スズメ、ホオジロ、ウグイス、アトリ、カラスなど、様々な種類の鳥が含まれています。これらの鳥は、歌や鳴き声の上手さで知られており、美しいメロディを奏でることもあります。

鳥の中でも特に多様性に富んだ科であり、さまざまな生態系に適応する能力があります。森林、草原、湿地、都市部など、様々な環境で見ることができます。

スズメ目ホオジロ科の鳥は、私たちの周りでよく見かける存在です。彼らの美しい歌声や多様な種類の姿を通じて、私たちは鳥の世界の魅力に触れることができます。

あまりまともな解答ではないなあ🤔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。