平標山~仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭登山~その2~

続きです……

平標山から仙ノ倉山へ向かいます。 :razz:

平標山からは木道と木の階段が、ゆるやかに続く
天国のような道のりです。
登山というよりか、尾瀬のハイキングのようです。 :razz:

花の咲き誇る夏は、
花の百名山といわれているように
花畑を歩くような、美しい風景となるのでしょう。
もちろん、まだ花は咲いていませんけども…..

「平標山」を振り返ってみる。

「肩ノ小屋」まで
1.5キロ…..

い~や :shock:
10.5キロです。
「肩ノ小屋」って、谷川岳の小屋。

無理……. :oops:

ゆったりとした、道が伸びている。
晴れていなくても、最高に気持ちイイ! :razz:

ここを登れば、山頂ですね。

しかしまあ、こんなに立派な木道を整備してくれたもんです。
まるで、観光地みたいですよ。 :razz:

「仙ノ倉山」2026.2m到着。
スタートから3時間10分くらい。
なだらかな山容ですが、谷川連峰の最高峰です。

思っていたより、早くの到着です。 :razz:
まだ、9時半になっていません。

先行者1名のおじさんと、しばしお話。
おじさんも雪がいっぱいあると思って
雪山装備!
ピッケルもアイゼンも持ってきたので
ガックリしてました。 :neutral:

「仙ノ倉山から平標山」の稜線を振り返る。
本当に雪がないのには、ビックリ!
群馬県に近い山は雪が少ないのでしょうかね~。
魚沼の山にはまだ、雪がいっぱいあるんですけども。 :shock:

「万太郎山」と奥に「谷川岳」。

「エビス大黒ノ頭」も見えます。

まだ、9時半なんで、なんとか行けそうです。 :sd:

今回のメイン!
「エビス大黒ノ頭」 :sd:

アリャ~!!!
とんでもなく、下降するの~。 :oops:
下がみえないじゃんか~。

ちょっと、想定外…..

南面の岩稜が、なんかいい雰囲気じゃないですか~。 :razz:

どの岩が「恵比寿様」で「大黒様」なん?
ワクワクですね~。 :sd:

メインイベントは、次回へ続く…..

4 Replies to “平標山~仙ノ倉山~エビス大黒ノ頭登山~その2~”

  1. tomoさん

    こんばんは。

    平標~谷川岳の縦走のHP拝見いたしました。
    とても参考になります。
    それにしても東西両側から日帰り縦走するとは
    たまげたもんです。

    元橋を4時半くらいに登り始めて
    16時45分、谷川ロープウェイ着ですか。
    ギリギリ、セーフなんでしょうか?
    tomoさんは、なんか余裕のようですけど…..

    tomoさんのようなベテランの健脚をもってしても
    やっぱり、相当の時間がかかるのですね~。
    オラみたいな初心者では、無理かな~?
    普通の人は2日かけて縦走するルートですからね。

    でも、晴れて眺望が良かったら本当に気持ちイイでしょうね。

    オラはもう少し、お山に慣れてから挑戦した方が
    良さそうです。
    ど素人がいい気になると、ろくな事になりかねません。

    それにしても、tomoさんの奥さん
    やさしいですね~。
    オラの女房は無理!!!
    (大体にして女房は日曜日は仕事が休みじゃないし)

    今度、谷川岳に登った時にでも
    縦走路の途中まで偵察に行って
    距離感を確かめて見たいと思います。

    ありがとうございました。

    これからの季節は、谷川岳は天候が安定しなくなるので
    晴れてもガスがかかることが多くなるのでしょうかね?
    バッチリ、最高の天気の時に登りたいな~。

  2.  もう雪が解けたので、西黒尾根も登れると思います。
    でももう少し後の方が、花が奇麗に咲いてきますよ。

     また、花の時期の縦走も楽しいものです。
    交通手段ですが、東西両方向から縦走しましたが、私は奥さんのお世話になりました。
    天気の良い日の縦走は、最高ですよ。
    http://okutone.web.fc2.com/yama/hp_yama/tanigawa_zyuusou_h20-06-10-1.htm

  3. tomoさん

    こんばんは。

    エッ! 「エビス大黒ノ頭」から
    「万太郎山」まで行ってしまえば
    谷川岳(肩の小屋)までは、それほど困難でもないのですか?
    でも、登山地図では「エビス大黒」から5時間くらいは
    かかりそう?

    tomoさんに、そのように言ってもらえると
    行ってみたくなるじゃないですか~。
    谷川岳ロープウェイの最終に間に合わなかったら
    「肩の小屋」泊ですね。

    問題は、交通手段ですね。
    帰りは土合から電車で。
    湯沢にデポした車をとりにいかなくては….
    いずれにしても2日は必要ですね。
    (すべて電車とバスでの行動もありですね。)

    でも、谷川岳は正面から!
    ぜひとも西黒尾根を登ってみたいです。

  4. 良くぞエビス大黒ノ頭まで往復しましたね。
    真下にある避難小屋を見ると、先に進むのを躊躇してしまいます。

    肩の小屋までの縦走ならそれほど難しくありません。

コメントは受け付けていません。