アルミの箱をつくる。~ガイガーカウンター RADEX RD1503用~

On 2012/04/03, in 作ってみようDIY, 魚沼の放射線量測定, by masaki baba

ガイガーカウンター RADEX RD1503を購入したので β線を遮断して地表面を計測できるように アルミの箱つくりに挑戦してみました。 ホームセンターで3ミリ厚のアルミの板を購入。。。。 一枚790円もしました。 けっ […]

ガイガーカウンター RADEX RD1503を購入したので
β線を遮断して地表面を計測できるように
アルミの箱つくりに挑戦してみました。

ホームセンターで3ミリ厚のアルミの板を購入。。。。
一枚790円もしました。
けっこう厚いです。

2ミリでもいいらしいですが???
大変薄いものと1ミリと3ミリしか売っていませんでした。

金鋸とヤスリ、接着剤も購入。
意外とお金がかかります。

RADEX RD1503に合わせてカットするのですが。。。。

これが、とんでもなく大変でした。。。。

アルミは柔らかいので、簡単に切れるかと思いましたが。。。。。

厚さが3ミリともなると
そうそう容易ではなく。。。。。

腕は疲れるし。。。
汗だくだし。。。。。。

途中でギブアップしそうになりましたが。。。。。
もう少しです。。。。

30分以上もかかって、ようやくカット。。。。。

ヤスリでガリガリとバリをとります。

まっすぐ切れていないですけども。。。。。。。 :oops:

金属接着剤でくっつけます。

隙間があいているのですが。。。。。 :sad:

とりあえず、サイズ的にはピッタリかと。。。。。

この隙間。。。。

なんともいびつな凸凹。。。。。

我ながら
ひどいですね!
これは。。。。。 :oops:

金属加工は木工のようにはいきませんでした。。。。
バコンと金型で一発成形するものなのでしょうが????
そんなことはもちろん出来ず。。。。

大型のカッターナイフで筋を入れて
パキッと折るという方法もあるらしいですが。
幅がないので、たぶんグニャリと曲がってしまうような????

隙間は接着剤を押し込んでと。。。。

あとはグラインダとかで、凸凹を削って面取りしておけば
それは、それで。。。。

まあ、見た目は気にしない、気にしない。。。。 :oops:

雪解けで土の地面もでてきましたので
そろそろ計測を始めたいと思っています。

Twitterボタン
ツイッターやってます!

Comments are closed.

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。