スノーシュートレッキング〜スポーツコム〜

日曜日は少し晴れたので
午後からスノーシュートレッキングしてみました。
土曜日は藤権現へ行ったので

今度は違うところにしようと思いたち
旧スポーツコムスキー場を登ってみます。 :sd:
(数年前に閉鎖になりました。)

適当なところに車を止めて出発〜!

誰 も い な い……

スノーシューは大和では流行ってないのかな :dsadasccc:

北側に迂回コースがあったと思ったのですが
下から見ると、上部の方で雪屁が何段もせりだしているような
箇所があるように見え、登れそうにないので
最も南側(左側)の斜面を行きますか。

正面の2つの急斜面は全層雪崩が、いつも起こるとこなので
一番左斜面の端っこを登ります。

真ん中の緩斜面を登って
中間地点まで着きました。
息上がってます…..

左側急斜面は、もう既に雪崩が発生していますので
デンジャー!!

雪崩の下の緩斜面を通って、最も南側の杉に沿って
行きますか。

雪崩斜面を右に眺めて、左はしっこを、えっちらおっちら進みます。

魚沼方面。
守門岳が見えてきました。

樹木の影が雪面に並んで、奇麗にみえたんですけど

こんなとこ、登ってくる人は、やっぱりいないので
オラが一番乗り。
やっぱりアホかもな〜

かなり上まで登ってきました。
藤権現より高いかな?

越後三山と大和の風景。

これより上は危険なので無理。
雪屁が連なっているので、こんなとこから雪崩が発生します。
あと、20メートルくらいで山頂なんですけどね〜!

危険きわまりないですが
ここで一服〜〜。

越後三山から巻機連峰を望む。

八海山。
大和側からは、やっぱ格好わるいですね〜。
でも、八ツ峰は見えてます。

越後駒ヶ岳。(百名山)

守門岳。

巻機連峰。(巻機山も百名山)

なんか、だんだん薄曇りの天気になってきて
ガックリ。

スキー場のリフトなら数分で登ってこれるけど
スノーシューだと1時間くらいかかった。

でも、気分爽快ですよ〜

一服していると、
小ちゃな鳥がたくさん梢に集まってきた。
なんて鳥かはわからないけど
雀よりか一回り小さいかわいい野鳥。

すばやく動き回るので、なかなかシャッター切れません。

300ミリ望遠ズームだとこれくらいが限界なのね。
これでも一番まともに撮れた写真。

さっきのと違う野鳥。
後ろ向きじゃん…..

今回はSONYの一眼レフに70-300ミリの望遠レンズつけたのと
コンパクトデジカメを持っていきました。

なので、遠景写真は全部コンパクトデジカメ。
やっぱ、一眼レフの画像は奇麗です。
ノイズが出てないもんね!
ぼかせるし。AFのスピードも速いし。

でも、首にぶら下げて歩くのは、ちと重い。

おまけ。
電線写ってますけど……

登って下って、2時間ちょっとくらいの
スノーシューのお散歩でした。

もうちっと、青空だったらいかったけど。

これから、暖かくなってくると
雪崩多発地帯なので、もう来れないかな。

“スノーシュートレッキング〜スポーツコム〜” への2件の返信

  1. おはようございます。

    そうでしたか。
    スポーツコムって正面の斜面は、わりと急斜面で
    近場では、いいスキー場でしたよね。

    北側の迂回コースを、よくよく見てみたら
    コースが見えました。
    上部の方は幅がそれほどなかったので
    遠目に見ても気がつきませんでした。

    今度、よく晴れた日曜日にでも
    迂回コースを登って山頂まで
    行ってみようと思います。

  2. おやおや先を越されました。
    コムは、かつてのホームゲレンデで、テレ―マークの先輩にしごかれた聖地なのです。
    山頂で、【越後三山に向かって礼!】をしてから「俺の後ろに付いて来い」的、ほったらかしレッスンを受けた思い出の地なのです。
    閉鎖後、時々スキーにシールを付けて登って滑ってました。
    今シーズンは何かと忙しくて、まだ行って無かったのです。

コメントは受け付けていません。