Blue Moon見忘れた人へ

2010年3月は満月の日が2回あるのだそうな 😛
「Blue Moon」というそうです。
3〜5年に一回の珍しいことだそうです。

1回目「ファーストムーン」は見なかったです。
たぶん、天気が悪くて見えなかったと思いますけど 😐

「Blue Moon」見忘れた人へ
写真、撮っておきました。

DSC00792

本当に青い満月になることもあるらしい? :dsadasccc:

***********Wikipedia引用**********
月の満ち欠けは、平均約29.5日を周期として繰り返される。現在世界的に使用されているグレゴリオ暦の1暦月の長さは2月を除けば30日か31日で、月の初めに満月になると、その月の終わりに再び満月が巡ってくる。ひと月のうちに満月が2回あるとき、この2回の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。本来、大気中の塵の影響により月が青く見えたことを「ブルームーン」と言っていたが、1946年に「Sky & Telescope」誌の誤解により、ひと月のうち2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶようになった。 このとき、特に1回目の満月を「ファーストムーン」、2回の満月を「ブルームーン」と呼ぶ場合があるとされるがあまり厳密ではなく、珍しいことのたとえとして「ブルームーン」と呼ばれるようになった経緯を考えれば、どちらの満月も「ブルームーン」である事に違いはない。  「ブルームーン」は、断定は出来ないものの、3年ないし5年に1度の周期で起こる。満月になった瞬間、さらに見える地域に限定されるので、それぞれの場所、国によって「ブルームーン」だったり、そうでなかったりする。

また、大気中の塵の影響で月が本当に青く見えることもあり、これも「ブルームーン」と呼ばれる。例えば、1883年のインドネシアのクラカタウ火山の噴火後、約2年間は日没を緑に、月を青に変えたと言われる。このように、多くは火山の噴火、もしくは隕石の落下時に発生するガスや塵などの影響によって、かなり稀でいつ起こるか分からないものの、月が青く見えることがあるとわかった。しかし、そのように青い月を見ることは大変難しく、そのことから、「極めて稀なこと」「決してあり得ないこと」といった意味を指して使われる言葉となった。そのことから、19世紀半ばに “once in a blue moon” (めったにない)という熟語が生まれた。そういった意味を含めて、「特別なこと」を指す場合もある。
*******************

まあ、今日日は画像レタッチソフトを使えば
色を変えるくらいならいくらでも、できちゃうんで。

あるものないもの消したり、足したり
やり放題なのですよ :sd:

心霊写真とかは特にね〜?

DSC007921

「青いお月さん」はこんな感じになるのかな〜 :sd:

偽物写真に騙されないようにしてね! 😉

“Blue Moon見忘れた人へ” への3件の返信

  1. まいさんへ

    お月さんは、オラの一眼レフでは
    こんなに大きくは写せませんよ。
    お月さんは大きく見えても
    (目の錯覚?)
    お月さんまでは、やっぱり遠いです。

    望遠レンズでも、小ちゃくしか写せません。
    トリミングしているだけです。
    なので、あんまり鮮明じゃないです。
    天体望遠鏡とかにカメラを付けて写さないと
    ダメだと思います。

    とりあえず、「ブルームーン」を見たんで
    なんか、いいことあるといいですね〜?

    ————————–
    とんばさんへ

    本当に「青いお月さん」になるのが
    「ブルームーン」らしいですけど…..
    もし、青くなったら天変地異の前触れみたいで
    怖いですよね〜!

    お月さんもいいですけど、
    たまには、星空をぼんやり眺めるくらいの
    ゆとりが現代人には必要ですね〜。
    そんなにあわてて、何したいのって感じですよ。

    中越地震の夜、満天の星空は
    なんか、今でも目に焼き付いているな〜。

  2. ほ~ブルームーンってそう言う事だったんですね。
    天文少年だったオイラとしたことが・・・、知らななんだ~。

    昔は、安い天体望遠鏡のキットを通販で買って、よくクレーターのスケッチをしたもんです。

  3. mbabaさんちのカメラも、こんなに大きくお月様が写せるんですね!!
    いいなぁ〜!!
    私も今日は職場でお友達に「お月様、見た?見た?」攻撃してきましたよ(^-^)

コメントは受け付けていません。