枝折峠へサイクリング

今日からお盆休み。 :sd:

朝、部屋の掃除をちょこっとして…..。

洗車でもしようかと思ったけど、明日からは雨マークなんで
もったいない!

洗車は明日にでもすることにしてっと。

ジョギングは暑そうだし…..。

チャリなら、速いので少しは涼しいから
大湯温泉あたりまでチャリトレじゃ! 😡

今年は全然チャリに乗ってないの~。

大湯への道……。
ず~っと、登り……. 😳

佐梨川に沿って走る。

灰ノ又までやって来ました。

「越後駒ヶ岳」残念ながら見えませぬ.

「佐梨川」。
きれいじゃ。 😛

アブがいっぱいいるので、とっとと行きましょう。

枝折峠ヒルクライムへ…..。 😳

急すぎ……。

チャリ押して歩きました。

枝折峠の山頂までなんて無理……。 😳

10キロもあるの!

2キロも登らないで、ダウン…..。 😳

「鷲」。
たぶん。

真っ逆さまに、急降下してたんで?

「駒ヶ岳」見えませぬ。

帰りはラクチン。

ず~っと、下り。 :sd:

往復35キロ。

ケツが痛い……。

枝折峠と小出は、あきらかに気温が違う。
妙に納得。 :dsadasccc:

“枝折峠へサイクリング” への5件の返信

  1. トンバさんに声が届いたの。
    まるでウルトラマンかsupermanみたいだの。
    やっぱりあの細い橋を右に行くのだな。
    なんせ心細くなってさ。
    馬場が谷川岳に、秋もう一度とか言っていたんで
    こっちのル-トもありかなと思ってさ。

    レイダック、久しぶりに見た。
    色が懐かしい。

  2. チャリは20年以上も前に買った
    ブリジストンの「レイダック」ってチャリですよ。
    全然乗ってないので、まだ現役。

    坂道は脚力な過ぎ……。
    枝折峠ヒルクライムに出るなんてしょは
    あっけの坂をよく登っていかれるもんだの。

  3. ん!タケちゃんが呼んでいる。

    重倉新道の登り口は、チャンと標識有りますよ。
    土樽駅前の橋を渡ってどんどん行って上越線をくぐり、蓬峠方向に進むと2つ目の橋で蓬沢を渡ります。
    そこを登って行くと関越トンネルのズリを敷き均した広場に茂倉岳の登山口はあります。
    橋のところに標識がありますよ。解り辛いけど・・・。

    babaさんカッコいいチャリンコだの~。
    どうせなら枝折峠まで行って、豪快なダウンヒルを楽しめば良かったのに。
    でも、チャリで坂道を登るのって辛いんですよね。走ったほうが楽な気がします。
    使う筋肉が違うのかな?。

  4. 昨夜、土樽駅に30年ぶりに行って来ました。
    山地図見てたらなんとなく行きたくなって。
    小説『雪国』の。

    目的は登山口の確認だけ。
    昔は駅前にテント張って早朝登ったよな。
    土樽駅の周辺も変わってしまって。
    なんせ近くに関越道が走ってるからね。
    平標山の登山口は確認出来たが
    茂倉岳への登山口、駐車場が分からない。
    標識とか看板もなし。
    ほんと細い道をクネクネ。
    夜、しかも雨と風が急に強くなり
    道も狭く、なんか急に心細くなって
    なんと断念。
    情けない。
    森下組の工事看板があったので、
    後で司に電話して聞いてみるか。
    あっそうだ、トンバさんに聞くか。

コメントは受け付けていません。