CINEMA4D Hairの練習

CINEMA4D Hairの使い方をやっぱり忘れていましたので
おさらいです。

単純な球体で練習してみましょう。 :sd:

球体へ普通にHairを生やす。

Hairの長さ、または密度を変えるために
グレースケールのマップを作ってみる。
白い部分にHairが生成される。

グレーの部分はだんだん短いHairになる予定。

Hairマテリアルの長さに適用してみる。

こんな感じになりました。

だんだん短くなっていません????

生え際のグレースケールがうまくできていないような?

アレッ?
Hairって影がなかったでしょうか????

密度の設定にマップを入れてみる。

長さを設定した場合とはずいぶんと違いますね。

ダイナミクスで重力をつけてみる。
Hairのセグメント8ではギザギザに折れてしまいました。

やっぱり難しいなぁ〜。

とりあえず、これを応用してっと……..


ツイッターやってます!

“CINEMA4D Hairの練習” への2件の返信

  1. なかなか、映画のキャクターのようにはできませんわぁ~。

コメントは受け付けていません。