土曜お散歩ジョグ。

2012年11月10日(土)。

午前中の自転車いじりも終わったし、
青空もチラホラと見えてきたので
のんびりとお散歩ジョグへ行ってみましょう。

その前に、植木を屋内に移動。

[tegaki]晴れるかな![/tegaki]
日に照らされると、ほんとに紅葉してる。

真面目な話、
藤権現山がこんな色になったのは
初めて見たかもしれませんよ! 😛

落ち葉を踏みしめ魚野川土手のスロージョグです。

紅葉紅葉・・・・・・

あれっ????
[tegaki]なんで?[/tegaki]
[tegaki]虹が??????[/tegaki] 🙄

と思ったら
真っ黒い雲がやってきて
雨が降ってきました。

天気雨????

湯之谷方面は雨降っているのだな?

ここも降ってきたけど、大したことないので
もう少し走りましょうか。 :mrgreen:

[tegaki]レインボー、レインボー![/tegaki]

まあ、太陽光が雨粒にあたるので虹色に見えるのですよね~。

[tegaki]ダブルできたぁ~~~~!!![/tegaki]

久しぶりに見る、ずいぶんクッキリとした鮮やかな虹です。

こりゃ~!
藤権現山の上から眺めなきゃ! 😉
走れ走れっ!!

[tegaki]ああああぁ・・・・・・・[/tegaki]
[tegaki]だんだん薄くなってきた。[/tegaki]

藤権現山へ到着すると・・・・
[tegaki]完全に消えた・・・・・・・[/tegaki] 😳

伊米ケ崎や大和のほうからは
まだ虹が見えていそうかな?

虹って太陽の位置とまったく逆の位置にしかできないと思いましたが?

——————————————————————————-
wokipediaより

主虹(しゅこう、しゅにじ)、または1次の虹と呼ばれる、はっきりとした虹の外側に、副虹(ふくこう、ふくにじ)、または2次の虹と呼ばれるうっすらとした虹が見られることがある。主虹は、赤が一番外側で紫が内側という構造をとるが、副虹は逆に、赤が内側、紫が外側となる。

主虹は、「太陽」-「プリズムとなる水滴」-「観察者」のなす角度が40~42度となる位置に見られる。このため、虹は太陽の反対側に見られ、太陽が高い位置にあるときは小さな虹が、夕方など太陽が低い位置にあるときは大きな虹が見られる。また、副虹は、「太陽」-「プリズムとなる水滴」-「観察者」のなす角度が51~53度となる位置に見られる。

—————————————————————————————

なるほど。
そういえば、大きかったのでコンパクトデジカメでは全体を写せなかった。

 

藤権現山の紅葉。

けっこう彩りがあるでしょ。 😛

今日は数名のかたが散歩に登って来ました。
クマもいないかな?

 

里の山の紅葉が終われば
もうじきに雪の季節がやってくる。 😳

エルニーニョが収束傾向らしいですが?
この冬は暖冬傾向とか天気予報では言ってますが・・・・・
どうなんですかね? 🙄

Twitterボタン
ツイッターやってます!