冬の下権現堂山登山~1~

2013年1月12日(土)。

いまだお正月気分が抜け切らないのですが・・・・
第二土曜日と成人の日と3連休となりました。
天気がいいようなら、一日はお山へ。

初日の12日に、午前中だけ晴れマークがつきました。
さてと・・・・・
どこのお山がいいかな~。
豪雪地帯の魚沼の山、
さすがに2000メートル級へは行きません。 😳
[tegaki]いや、行けません・・・・・[/tegaki]

なので、やっぱり地元の下権現堂山に決定!
[tegaki]大丈夫かっ?[/tegaki]

冬の下権現堂山へは昨年は2月に登っています。

去年はとてつもなく寒かったなぁ~。
冬になると行動域が毎年同じだったりするが、
知らない雪山へは怖くて行けないのです。

 

DSC06020

[tegaki]つららが大きくなった![/tegaki]
今朝の小出の最低気温
ナント!
[tegaki]マイナス11.1℃・・・・・・[/tegaki] 😯

DSC06022

[tegaki]寒いなんてもんじゃないです。[/tegaki]

天気予報は午前中は晴れ
午後から曇り、3時ころからみぞれ?????
寒いのは朝だけかな?

しかし、1月小正月ころにマイナス10℃以下になるのも珍しいですね。
普通の年は2月の晴れるような日なのですけれど。

DSC06024

8時20分ころに旧アクシオムスキー場へ。
標高は145メートルほどです。

先行者がいますね~。
[tegaki]ラッキー。[/tegaki] 😳

先行者はスキーです。
最近は下権現堂山も山スキーをする人がそれなりにいます。

運動不足に正月太り・・・・
里山とはいえ、下権現堂山の標高は897メートル。
魚沼の積雪はすでに170センチ。
昨日も降雪があったので、先頭ラッセルで山頂までは無理だなぁ~。
と、思っていました。
なんとか山頂まで登れるかもしれませんね。

DSC06026

8時半出発です。
山スキーは20センチくらいしか埋まりませんが
スノーシューだと、もう少し埋まります。

DSC06027

先行の山スキーは2名。
すでに第三リフトの急斜面にもトレースがすでに見えているので、
さらにはるか上にいるようです。
いったい、何時に登りはじめたのでしょうか?

DSC06029

トレースありがたや~。

スノーシューは足を少し広げて歩くので
少しラッセル。
まだ、この斜面は日が当たらないので
かなり寒い。
[tegaki]とっても足がしゃっこい・・・・・[/tegaki]

足だけ冷たくて、ほかは寒くはないのですが。
上は下着に長袖、半袖、シェルだけ。
手袋もアウターだけで、ちょうどいいです。

DSC06030

[tegaki]ありゃ?[/tegaki]
山スキーの先行者は、すでにジグザグ登高・・・・・・

DSC06032

せっかくなので・・・・
[tegaki]ラッセル!ラッセル♫[/tegaki]
直登してみます。

DSC06033

膝ラッセルです。

DSC06040

DSC06041

[tegaki]すでに、しんどい・・・・・・[/tegaki] 😳

後続の人が来ますね~。
こちらも山スキーのようです。

DSC06042

1時間ほどかかって、第三リフトの山頂へ到着。
478メートルくらいです。
一休み・・・・・

DSC06046

太陽が眩しい。

DSC06051

[tegaki]キラキラ・・・・・[/tegaki]
とても寒いので、近くで見ると雪の結晶もよく見えます。
接写はできないレンズなので写真は撮れません。

DSC06052

守門岳。
今日は山スキーの人が大勢登っているのでしょう。

DSC06053

では、スキー場のてっぺんまで急斜面を登ります。

DSC06055

[tegaki]美しい・・・・・[/tegaki]

DSC06062

DSC06064

残骸・・・・・
去年の夏の頃にスキー場のリフトを撤去したそうですが
まだ、部分的に残っています。

一昔前はけっこう人気のあったアクシオムスキー場ですが
なんとも無残な姿。

DSC06065

DSC06068

スキー場のてっぺん644に到着です。
10時20分過ぎ。
またまた、一休み・・・・・・

これは、リフトの上の回る部分ですね。

DSC06070

目指す下権現堂山。
ここまで登れば、あと1時間半くらいですかね。

DSC06071

八海山に巻機連峰。

DSC06072

守門岳

DSC06073

毛猛山塊

DSC06074

[tegaki]雄叫びが・・・・[/tegaki] 😛
早くも先行していた山スキーの人は滑り降りて来ます。

ずいぶん早いなぁ~。
いったい何時から登ったのでしょうか? 😯

DSC06078

とか、している間に・・・・
後続の山スキーの人が一気に登ってきました。
[tegaki]これまた、速いなぁ~![/tegaki] 😯
[tegaki]私がヘロヘロなだけか?[/tegaki]

DSC06079

いい天気です。

DSC06080

先行山スキーの人はすでに下山体制。
とても寒かったのでパウダー最高だったそうです。

あちこち滑らないで、そのまま帰っちゃうのですか~。
せっかく登ったのにそのまま滑って下るのはもったいない。

DSC06083

雪庇もだいぶ大きくなりました。
一旦下ってから登ります。

DSC06084

[tegaki]粉雪のシャワー。[/tegaki]
晴れていますがとても風が強いです。
突風が吹いてきては雪をまき散らしています。

DSC06086

木々についた雪や霧氷が容赦なく飛んできます。

DSC06087

雪庇地帯へ。

DSC06089

積雪は2メートルちょっとくらい。

DSC06090

ハナコさんがお出迎えです。

DSC06092

眼下に市街地。

DSC06094

雪庇越しに 守門岳、浅草岳。

DSC06095

そろそろ、穴ぼこ地帯でしたかな?

DSC06096

DSC06098

[tegaki]ありゃ~・・・・・[/tegaki]
山スキーの人もはまっています。

DSC06099

とか、思っていたら
いきなり・・・・

[tegaki]ドサンっ・・・・[/tegaki]

やっぱり、わたしも落ちました。
[tegaki]毎年落ちている・・・・・[/tegaki]

深かったらどうしようかと思いましたが
そのまま横になって寝転がって脱出・・・・

でも、ここは吹きさらしなので、地面はすぐそこです。
1メートルくらいの雪の量です。

DSC06100

穴ぼこ地帯突破。
いつもここは、尾根の上の雪が割れるのですね~。
どうしてかはよくわかりません?

強風が吹き付けるせいで空洞ができるのでしょうか?

DSC06104

ここは途中から右へ登ります。

DSC06107

しっかりとトレースが付いていますので安心です。

DSC06108

さてと、山頂まではあと少しの登りとなりました。

DSC06110

雪の模様がきれいです。 😛

DSC06111

私を追い越していった山スキーヤーはすでに山頂付近にいます。
速いな~! 😯

ここから少し急登ですが
トレースがあるので30分もかからないでしょう?

なんとかお昼前には山頂につきそうです。

つづく・・・・・・・

Twitterボタン
ツイッターやってます!