花咲く中ノ岳~丹後山周回登山~2~

2015年7月5日(日)

花咲く
中ノ岳~丹後山周回登山の続きです・・・・

10時43分
鞍部まで280メートルも一気に下ります

初めて訪れた時は笹ヤブ道で降りるのに一苦労しましたが
今日は快適な道です。

昨年は6月に周回した時は硬くしまった残雪がたくさんあり
トラバースはアイゼンをつけましたが今日は雪もほとんど無さそうです。
たぶん・・・・・

順調に行ければ11時半前には兎岳へつきそうですね。
[tegaki]今日はなんだかすこぶる調子がいいぞ??[/tegaki]

こちらにもハクサンシャクナゲが咲いています。

お花の道になった中ノ岳界隈です。
今が高山植物の花盛りでしょうか!!

快適な縦走路。

中ノ岳への登りではあんなにたくさんまとわりついてきたブトもぱったりといなくなりました??
何処行った???

ムラサキヤシオツツジ??

そうそう・・・
まだあまり人が歩いていないので
昨年も根曲がり竹の子が道の真中にたくさん生えていたのでした。

少し時期が過ぎてしまい長く伸びてしまいましたが
まだ背丈の短い食べごろのものもたくさんあります。
[tegaki]春はたけのこご飯何回も食べたから今日はいいか~・・・・[/tegaki]

これはなんでしょ??

[tegaki]根曲がり竹の子 無料獲り放題っ!!!(^^)[/tegaki]

10時3分
鞍部辺りまで降りてきました

短いのですが雪渓のトラバースがあります(;´∀`)

今日はトレランシューズなのでやや硬くなった雪は
ズルズルと滑って大変ですがなんとかクリア。
トレランシューズは雪面はまったくダメダメです。
あと、濡れた平らな岩に乗っかると勢い良く滑るので要注意です

昨年はたっぷり硬い雪面が谷底まで続いていたのでアイゼンをつけました。

 

あれっ????
中ノ岳への鎖場で怒涛の勢いで追い越していった単独者は???
ずいぶんと早くに先へ行っているものかと思っていましたが
踏み跡がないです???
どこへいったのでしょうか???

中ノ岳を振り返る

[tegaki]いたっ!!!(^^)[/tegaki]
シラネアオイの向こうに見えるムラサキの花は
オオサクラソウです!!
今年も逢えてうれしいです。

いままで知りませんでしたが貴重なお花なのですね。
ハクサンコザクラに似ていますが、背丈が20~30センチと大柄で
花びらの形や色合いが違いますね。

昨年は登山道のすぐ脇に咲いていたのですが
今回はだいぶ離れています。

ちょっと道を見失いやすいところ・・・・

わかりづらいですが
直角に右へ曲がって
上に登山道が続いています。

ここにも咲いていました(^^)

登山道では中ノ岳と小兎岳手前ピークまでの鞍部あたりで見られるようです。

小兎岳まではまだ小さなアップダウンがある

黄色いお花は???
ミヤマキンバイ??
ミヤマキンポウゲウ???

カラマツソウ

突然、灌木が根こそぎ倒れて土がむき出しになったところへ・・・
先に道がない????
少しウロウロと探しましたが
倒れた灌木の下に道が続いていました。
(写真は道を発見してから振り返って写したものです)

そういえば、昨年も灌木が道を塞いでいたところがありましたね。
ここでした。(;´∀`)

ようやく小兎岳手前のピーク 1810まで来ました
あとはとても歩きやす道です。

 

小兎岳への緩やかな登り
とても気持ちのいい笹原の道です

10時42分
小兎岳 1858 到着

山頂がどこだかわからない??

小兎岳から中ノ岳

あんまり人が通らないので
[tegaki]道標はお昼寝中です・・・・[/tegaki]
あと600メートルで兎岳

いたるところが花盛りです
いやはや、今日来れてホントに嬉しいです(^_^)v
[tegaki]一人でニヤニヤしてます(^_^;)[/tegaki]

兎岳への登り
まだ雪がたくさんありました。
急ではないのでまったく問題ありません。

[tegaki]ただ・・・[/tegaki]
[tegaki]トレランシューズがそろそろ濡れ濡れです(;´∀`)[/tegaki]

[tegaki]これだけは冷やしておかないとなっ!!!(^_^;)[/tegaki]

駒ヶ岳の上空はうっすら青空が

兎岳への登り
ここもスゴイ数のハクサンコザクラです

ここにもオオサクラソウがっ!!!

開花時期にはたくさん咲くのですね~。
[tegaki]うれしい時は笑う(笑 [/tegaki]

今日はコンデジなのでイマイチ

このコンデジはマクロ撮影1センチまで寄れるのですが
なんだかピンぼけが多いのですけどね~????

振り返れば
越後三山揃い踏みです

小出の反対側からなので
左から ハナコ山です!!

タテヤマリンドウも地面を埋め尽くさんばかりに咲き誇って

 

荒沢岳分岐

11時12分
兎岳 1926メートル到着です。

予定よりだいぶ早くに着くことが出来ました。
今日はブトに急かされ・・・・お花に励まされ・・・
ヘロヘロになっている場合ではありませんでしたので
なんだか気分が最高だ!!!

また、自撮り(^_^;)
最近多いね~???
[tegaki]誰も居ないしね・・・[/tegaki]

まずは・・・
[tegaki]ハナコ山へ、かんぱぁ~~いっ!!!(^^)[/tegaki]

曇り空ですがしっかり見えています。
これまたなんともラッキーな好条件です

あれほど悩ませてれいたブトもいつしかまったくいなくなりました。
[tegaki]いや~、最高、最高![/tegaki]

こんなに気持ちが良いのに誰も来ないのですけどね・・・・・
何でですかね???

しばらく眺望を眺めまったりと

今日は景色はまったく見えないと思ってましたが
これなら良かったです

荒沢槍

11時50分
ではそろそろ丹後山へ向かいます。

ここからはアップダウンも緩い天空の散歩道です。

 

夏山をのんびりのんびり・・・・

ワタスゲは固まってました

このお花は見たこと無いです

★行者ニンニクの花?

ハクサンフウロ

中ノ岳周辺には白山がつくお花が多いですね?

あっちもこっちも花盛り!!

 

大水上山へちょっと登り

これはピンクですね?
アズマシャクナゲですか???

勝手に白いのがハクサンシャクナゲだと思っていますが

シャクナゲにもいろいろと種類があるようで
よくわかりません(-_-;)

 

12時20分
大水上山 1831メートルへ到着

丹後山まで1.7キロ

歩いてきた稜線
右の兎岳も入れて4ショットだっ!!

いい感じです

利根川水源の雪渓
ここから悠久の一滴が始まるのです。
雪渓の形がV~W~Yに変化していくらしいですが???
近くからではよくわかりません。

奥利根水源の碑

イブキトラノオがとてもたくさん

ハクサンフウロも盛りです

イブキトラノオ咲く草原大地

オウレン


???

イワイチョウ

遥々と歩いてきました

12時54分
丹後山 1809メートル到着です

すこし休憩

しかし・・・・
丹後山も誰もいません

曇り空なので、靴はまだ濡れたままです(;´∀`)

丹後山避難小屋
誰もいません・・・

結局、池の段からは誰にも会いませんでした(-_-;)

越後沢山~下津川山へ続く優美な笹原
登山道はありません

丹後山周辺のニッコウキスゲはまだこれからのようです。

丹後山のほうが標高が低いのですけど???

前から人の声がしました・・・
丹後山避難小屋泊の4人組グループの方たちが登って来ました
ようやく人に会いました(;´∀`)

これまでに出会った人6名・・・・

13時18分
八合 獅子岩から

歩いてきた雄大な稜線

丹後山もたおやかな姿

13時38分
五合

えっ???
なんだか早過ぎるのですこし一服タイム

激下り(;´∀`)

中ノ岳を見上げる

単独女性が下山していました。
本日、7名・・・・

急なので太ももパンパンだっ!!!
カモエダズンネ(カモエダ尾根)という変わった名前の急な尾根

三合の巨木

すこし雲がでてきた
五葉松のある辺りがジャコノ峰なのかな??
地形図しかないのでよくわかりません

いや下界は晴れてきたので暑い
ハルゼミの大合唱が賑やか

そう言えば五合から一合間は上部の間隔より距離が長いのだった
一合~二合間は一番の急登だと思う

いやはやなんでこんなに急なのだ
隠れてしまった階段をくだればすぐに登山口

2時47分
丹後山登山口へ無事に下山しました

[tegaki]天然木の杖も用意してあるよっ!!(^^)[/tegaki]

気持ちいいのかな???

登山口から十字峡までは2.5キロの林道歩き
チンタラ歩くとなかなか着かないので
ダッシュで足ほぐしに軽いジョギングで行きます(;´∀`)

清冽な三国川

林道は荒れ放題でした
落石だらけで
木が塞いでいたり・・・・

アーチ式の橋

名称 虹の滝

岩石が塞いでいたり・・・・

この上が全部崩れた
雪崩で崩れたのではないですね

林道の谷筋を覆っていた雪はほぼ解けました

3時16分
無事到着です\(^o^)/

ジョギングの割にはえらく時間がかかった

丹後山も隠れてしまった

鐘を突いて
神様に登山の無事に感謝

ここ数年、よく出かける中ノ岳~丹後山周回登山
私の体力でなんとか日帰りが可能なロングコースです。
とても素晴らしいのですが、キツイ急登のコースでもありますので
体力づくりの目的も兼ねて歩いています。
今回は涼しかったこともあってかとても快調に歩き通すことができたのも
満足です。

今日は曇りの天気予報でしたので
風景はまったく見えないものだろうと思っていましたが
曇りなのに遠くの山々まで遠望が効くという不思議な天候でした。
中ノ岳、丹後山周辺は夏の高山植物が盛りとなり
こんなにたくさんの種類の可憐な花々に出会えたことが
大変うれしかったです。

[tegaki]こんなにいいコースなのになぁ・・・[/tegaki]
[tegaki]なんでみんな来ないのかな~???[/tegaki]

梅雨はまだ明けていませんが
夏山シーズン開幕です!!!

今度はどこがいいかなぁ~??(;´∀`)
[tegaki]山バッカでいいんかい・・・・[/tegaki]

おしまい・・・・


ツイッターやってます!

“花咲く中ノ岳~丹後山周回登山~2~” への4件の返信

  1. suikaさん
    こんばんは。
    浅草岳の姫様に会えてよかったですね~(^^)
    山の上にあんなに大きなユリが咲いているのは感動します。
    大内宿もいいところですね。

    十字峡から中ノ岳は丹後山と同じく急登の連続です(;一_一)
    丹後山よりちょっとだけキツイですかね?
    朝早くに登り始めれば充分日帰りは可能だと思います。
    疲れたら小屋泊まりすればいいですから。
    小屋もキレイですよ。
    敬遠されがちなお山ですがなんたってハナコ山最高峰ですので
    ぜひ、頑張ってみてはどうでしょう。(^^)

  2. いいなぁ~
    ババさんみたいに、強靭な足と、体力が欲しいです。
    行ってみたいなぁ 中の岳
    一泊あればいけるかな?
    それにしても、かわゆいお花たちがいっぱい咲いているのね~
    先日、浅草岳行ってきました! 姫ちゃんのかわいいこと。
    そして、福島の大内宿までの旅の途中、ババさんの歩いた峠道の長いこと!お疲れさまです。

  3. アサレンさん
    こんにちは。
    お疲れ様でした。

    日向山のブヨの大群はまだ凄かったです(;´∀`)
    山頂までずっと追いかけられました・・・・
    縦走路になるとなぜかまったくいなくなり???

    そろそろトンボが山へ上がりますので
    みんな食べてしまいます。
    ブヨはいなくなると思います。

    丹後山への縦走路はとても素晴らしいコースですので
    是非に巡ってみてください。

  4. いぜん、しゃくなげ湖周遊道路状況を聞いた者です。
    6/21無事、十字峡から中ノ岳をピストンしてきました。

    日向山の虫は酷かったのですが
    今でもウジャウジャ飛んでいるのでか。。勘弁してほしいですね。

    中ノ岳、丹後山ワンデイループはまだ未走(歩)破なので
    いつかはチャレンジしたいと思います。

コメントは受け付けていません。