虎をつくる・・・

2022年1月20日(大寒)

ZBrushでトラをつくる

去年もそんなことしていましたね・・・
あの牛はいったいどうなったんでしょうかね
ほったらかしです(-_-;)

頭だけです

吠えている
怖そうな虎です

虎に見えませんけど
トラです!!

しかめっ面なので
鼻のラインにシワがよりますかね

 

この時点で気がついていませんけど
モデルが180°反対向きになってますけど????

舌とか
牙とかもアペンドします

 

鼻の形がいまひとつ難しいので・・・・

鼻だけ別にモデリングして
くっつけます

くっつけました

んん???
鼻だけ別ポリグループなんだけど
くっついていますよね

顔を180°回転させて・・・・
ありゃりゃ(;・∀・)

目とか牙とかメチャクチャな場所に移動してしまったんですけど

 

牙だけ
原点がずれまくってます
ZBrushは原点をセンターに合わせるとかできなかったんですよね

簡単なので作り直し

ええっ???
ギズモ3Dの移動がおかしい

移動しない
いっしょにくっついてくる???

Lightboxの犬でテスト

え~~~~っ!!
完全におかしい!

ギスモ3Dの設定とかあったのか??

ネットで調べてもなんにもヒットしない

ライトボックスの素材でもおかしいので
ZBrush2022を一旦アンイストールして
再インストールすることにしてみました

ZBrushフォルダの中にUninstallフォルダがあります

Uninstall ZBrush2022を右クリックで管理者として実行
関連ファイルは削除しなくてもいいと思います

マイライセンスページから
ZBrush2022をダウンロードして
同じ階層にinstall

で・・・
問題のギズモ3Dは

おおっ~~~
直った

いままでこんな症状になったことなかったです

 

 

今一度アペンド

 

とりあえずここまで・・・

*************************

ZBrushモデリングは映画とかでもたくさん使われている
おそらく世界で一番使われている
スカルプトアプリケーションではないでしょうか?
昨年暮れに、ビッグニュースが

なんと!!
ドイツのMAXONコンピュータに買収されました(;・∀・)
ZBrushはアメリカ産です
MAXONのCINEMA4Dは持ってますけど
あれから何年過ぎたのやら
R11.5のままです

いわゆるサブスクリプションになってしまったので
毎年課金なんてやってられません
年10万円くらいだったかな(;・∀・)
まあ近年はなにかモデリングするなんて仕事もまったくないので
ほとんど使っていませんけど

MAXON ONE
年/¥ 156,200
ドヒャーだなあ
ホビーユーザーには無理な価格だ

ZBrushはヴァージョン2のころからもう10数年以上
ZBrush2022まで無償バージョンアップしてきました

10年なんてもんじゃなかったです
2006年9月ですよ
お気楽魚沼人 gooブログのころからです
長いわりにはまったく上達していないな(;・∀・)

なんたる太っ腹!!
ドイツMAXONになっちゃたので、
今後はサブスクリプションなんてことにならなければいいのですけどね

現行バージョンでもわからない機能もたくさんあるので
2022のまま永久ライセンスでもいいですけど

いまどきは
ZBrushではなくても
無料アプリがいろいろあるんだね

有名所はBlender・・・・
モデリングに特化したものも
Mesh Modeler・・・

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。