【メモ】XAMPPでローカル環境にWordPressをインストール

2018年10月4日(木)

 

XAMPPでローカル環境にWordPressをインストールしてみます!!

前回はbitnami wordpressというものを使いましたが
できるだけ手動で操作を行えるように練習です

bitnami wordpressの他にも
LOCAL local-by-flywheel-windowsなんていうのもあったりします
これらはとても簡単にlocalにWordPressをインストールできてしまいます

 

なぜに・・・
手動かというとデータベースのphoMyAdminというものに慣れておきたいためです(^_^;)

 

LOCAL local-by-flywheel-windowsでも入れてみましたが
データベースがひとつだけしかできませんでした

phpMyAdminで複数のデータベースをつくるということは
できるようになっていたほうがいいかなということで・・・・

 

なぜにこんなことばっかりやっているかは
内緒です(^_^;)

プログラミングをはじめようなどということは
ぜったいにありえません!!

 


XAMPPは、「ザンプ」と読みます。Webアプリケーション開発に必要なWebサーバーやデータベース、プログラムの実行環境をパッケージ化したソフトウェアで、これをインストールするだけで、PHPのプログラムを実行させる環境が整います。

  • X:クロスプラットフォーム(=Linux、Windows、Mac OS Xを問わず使える)
  • Apache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーサーバー):Webサーバー
  • MySQL(マイエスキューエル) / MariaDB(マリアディービー):データベース
  • PHP(ピーエイチピー):プログラミング言語
  • Perl(パール):プログラミング言語

それぞれ頭文字をとって『XAMPP』という名前です。

—————————————————–

 

VAMPPをダウンロードしてインストールします

あれ???
bitnami??? 同じなの???

 

まったくわかりませんが
全部チェック入ってます

 

英語とドイツ語しかありません(-_-;)

XAMPP コントロールパネルで
ApacheとMySQLをstartです

 

 

インストールフォルダの中にある
xampp-control.exeというものです

 

 

 

 

Cドライブ直下にインストールしました

 

ProgramFileの中に入れると動かないことがあるらいい???

と書いてありました(^_^;)

 

 

 

 

インターネットブラウザからphpMyAdminへ入ります
データベースへ入れました\(^o^)/

 

アドレスは127.0.0.1/phpmyadmin/か

 

 

 

localhost/phpmyadmin/

です

 

 

続いて
WordPressをダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

パソコン終了してから起動すると
Apache MySQLはSTOPしていますので
startします

 

startしないと
phpMyAdminへ入れません

 

 

 

New

WordPress用のデータベースをつくります

 

データベース名を適用に

照合順序で「utf8_general_ci」を選択だそうです!!

 

wp_testという名前のデータベースを作成

wp_testができました

 

 

特権

 

Add user account

 

 

 

 

 

Add user account

Username 適当でいいです
Hostname localhost
パスワード なにか適当に

 

後ほど
WordPressをインストール時に
WordPress用データベースのログイン情報を入力しますので忘れないでね!!

 

 

 

 

WordPress用のwp_testデータベースができました

 

 

 

続いて・・・
ダウンロードしておいたWordPressを解凍して

XAMPPへいれます

 

xampp>htdocsの中にWordPressを入れます

 

 

WordPress_testというフォルダーをつくりました

 

WordPressの中身をぜんぶフォルダーへいれます

 

http://localhost/wordpress_test/wordpress/というアドレスで

 

あらら???
開きませんね(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

間違いました

 

http://localhost/wordpress_test/wordpress/ですので

wordpress_testの中にwordpressフォルダをつくって
その中にWordPressの中身を全部に入れます!

 

 

さあ、始めましょう!!(^_^;)

 

そういえばはじめてWordPressのインストールから教わったときは
こんなだったような????

 

 

先程 phpMyAdminでつくった
WordPress用のデータベース情報を入力します

 

 

 

テーブル接頭辞って???

データベースに複数のWordPressをインストールしたい場合???
wp1_ wp2_とかにするのかな???

わからんのでスルー・・・・(・_・;)

 

 

 

 

 

インストール実行

 

 

localのWordPress
ログインになりますので忘れないでね(^_^;)

 

localなのでパスワードは脆弱でもいい

localですが
メールアドレスも入力しなければなりませんでした

 

すでにWordPressはXAMPPにコピーしてあるのですぐに
成功

先程のWordPressログイン情報を入力

動きました\(^o^)/

 

 

 

できました!!

XAMPPへWordPressをいれてあるだけなので
WordPressのアップデートなどはしませんし
Themaやプラグインもアップデートはしません

 

ということで!!
少しだけデータベースがわかったかな(^_^;)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を添付 (JPEGのみ)