ピッコ2号ちゃんお医者さんへ行く。

2014年4月10日(木)

昨年末から季節外れの発情が続いて
お尻が大きくなったまま治らない馬場ピッコ2号ちゃんです。
卵が出来損ないになったので
黄色腫というものになってしまったそうです。
お腹に脂肪が溜まってしまう。
2月から高脂血症を抑制するお薬を飲んでいましたが
まったくお尻は小さくならず・・・・・
プニュプニュです。
おまけに、発情ポーズのシャチホコにも毎日のようになります。
さらに・・・・・
ウンチが・・・・
ピューッッ・・・・・・です。

ここのところ、大きくなったお尻を触ってみると
少しだけ硬くなった部分があります。
脂肪が固まったのか?
大きくなると腫瘍とかになってしまうのか?
ちょっと心配になってきたので
2月はじめ以来になりますが、近くの「こいで動物病院」へ行って診てもらうことにしました。

自然体にまたせておけばいい!
などと、思ってみてはいたものの・・・・
やはり、長生きしてほしいですからね。

P1150365

久しぶりのこいで動物病院です。
ちょっとビビっています・・・・(*_*;

P1150366

こいで動物病院は小鳥も診察してくれるのでとても助かります。
ほとんどの動物病院は犬猫だけですからね。

P1150369

診断結果は・・・・
黄色腫。
ヘルニアも発症しているらしい???

へ、ヘルニア????
話を聞くと人間の椎間板ヘルニアとは違います。
ヘルニアとは、内部のものが本来あるべき位置から
外側へ飛び出してしまう状態のことだそうです。

ピッコの場合は卵を産むためにだんだんと腹筋が薄くなってきて
そこへ脂肪をたくさんためたものが卵になるのですが
卵ができないので、脂肪の層ができてしまった状態。
腹筋が薄くなった分、腹壁から腸などの臓器が少し飛び出してしまうことだそうです。
飛び出すと言っても、皮膚があるので目で見えるわけではありませんが
痒がったりして、皮膚をクチバシでガリガリとかいて
破ってしまうと大変です。

ヘルニアは外科手術をしないと治らないそうです。
小鳥ですので外科手術は無理です。
よほど体力のある鳥じゃないとそのまま死んでしまいます。

P1150370

ということで、
黄色腫がこれ以上大きくなったりしないように
前回と同じく高脂血症を抑えるお薬を処方してもらいました。

ヘルニアは処置はできないので温存したままとします。

ちょっと、お尻がみっともないけど、
元気なので、なんとか寿命まで生きられるように。

P1150373

お家に帰るよっ!!
車に乗るのがちょっと怖い2号なのです・・・・・

P1150374

到着っ!

P1150376

甘えん坊・・・・・(^^)

P1150382

さっそく、お薬を飲んでから
放鳥タイム!

P1150383

お薬は大嫌いですが・・・・
ついさっきのことは、すぐに忘れる・・・・・

P1150385

おやつ・・・・・

P1150389

P1150393

おやつのあとは
たぶんけっこう気に入っていると思う
ブランコ遊び。

P1150394

羽で隠れているので
わからん、わからん。

P1150400

ブランコ、ブラブラ・・・・・

P1150401

P1150409

おやすみ。
大嫌いなお薬タイムが増えたけど
頑張って飲もうね。
まだまだ元気で長生きしてね。

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。