弥三郎婆さんの里山「上権現堂山登山」ふたたび~1~

2014年3月16日(日)

先週も行きましたが・・・・
3月寒波の襲来でこの冬の最深積雪をマーク。
絶好のピーカンお山日和の日曜日となりましたが
あまりの雪の多さに途中でギブアップした上権現堂山でした。

今日の天気予報は3時くらいから雨マークがついています。
午前中は少しだけ晴れマーク。
どうしたものかと少し思案しましたが
早めに登って、雨に降られないうちに下山すれば
なんとかなるかな?と考えて
先週に続いてまたもや弥三郎婆のお山「上権現堂山」998メートルを目指します。
今時期を逃すとたぶん秋まで行かないと思うのでね・・・・・

しかし目覚まし時計がオンになっていなかったため
目が覚めたのが・・・・7時になってしまいました。
あわてて準備です。

どうも里山歩きは、のんびりとなってしまう癖がありますね。
前日まではまったくその気もなかったりしますが
この3月は日曜日に晴れることがほとんどなかったこともあってか
朝起きての天気を見てから里山へ遊びに行くかどうか決めることが大半です。

DSC05278

今日も旧広神村 米沢集落奥の林道入り口から登ります。

もう9時になりますが・・・・
好天にならないと気合がはいりません。

うっすらと青空が見えていたりしますが
眩しいお日様のもとでいうことにはなりそうにもありません。

DSC05279

昨日のものでしょうか?
山スキーのトレースがあります。
だいぶ雪も絞まってきたので、今日はアルミワカンです。
これのほうがフットワークは軽快。
足も痛くなりませんし。

上権現堂山は山頂直下に急斜面があって
寒いとクラストしているかも知れません。
スノーシューはクラストした斜面は怖くて下れませんから・・・・・

 

DSC05280

9時3分スタート。

3時間くらいで山頂までいけるでしょうか?

DSC05282

氷点下まで冷え込んだので
染みわたりというほどではありませんが
あまり抜からないで歩けます。

DSC05283

細尾根の雪もまだ心配いりません。

DSC05284

20分弱でもうここまで来れました。

DSC05285

またここから登ります。

DSC05286

少しだけ青空になってきました。
このまま天気予報が外れて晴れてくれないかな?

DSC05287

ハナコさん

DSC05288

上権現堂山は曇っていますが
まだすぐには天気が崩れそうでもありませんか?

DSC05289

先週は林道はショートカットして、
杉林の横をそのまま登っていきましたが
山スキーのトレースは林道にそって伸びています。

DSC05291

トレースの上のほうが埋まらないで歩きやすいので
素直にトレースをたどります。

DSC05292

DSC05293

このあたりからも登れそうですが・・・・

DSC05294

やっぱりトレースを・・・

暖気が入って暖かくなると
林道の法面はせり出した雪庇ごと突然に雪崩れてくることがあるので
あんまり通りたくないのですが。

すでに雪崩れてデブリがゴロゴロしている箇所もあったりしました。

DSC05295

10時
林道を大きくまわって稜線へ出ました。

少しだけ埋まる程度なので
なかなかいいペースです。

DSC05296

おや・・・・・
あちらから登ってきたカンジキのあとがあります。
今日のものようです。
人が登っていることがわかっただけで
少しだけ嬉しくなります。
里山といえどもこんなに大きな山に私一人というのは
なんとも心寂しいし、怖くもあります。

下権現堂山の登山口近くの長松?から登ってきたのでしょうか?
ちょっと遠いですよね~。
地図を見ると登られそうな尾根ルートがいくつかあるようですが
普通の人はそんなところからは登らないので
かなり権現堂山にお詳しい方なのでしょう。

DSC05297

10時7分

先週は3時間以上もかかってやっとこ辿り着いた
お昼タイムのピークまできました。

1時間ちょっとでつきましたので
激ラッセルとはずいぶんと違うものです。

 

DSC05298

上権現堂山への行程のまだ半分くらいの地点です。

DSC05299

10時27分
666ピークへ到着。

まだ、ハナコさんは見えています。
3時位までなんとか天気がもってくれるとありがたいのですが。

DSC05300

ピークの上でちょっと休憩タイム。
だんだんと強風が吹き付けてきました。
今日は低気圧が新潟県の北を通過する予報です。
やはり天気が崩れてくるのでしょう。

しかしここは雪庇がスゴイですね。
今年は雪が少ないのですがそれでもけっこうな雪が積もっているものです。

 

DSC05301

一休みしていると
早くも先行者が下山してきました。

ちょくちょく里山でお会いする小出の方でした。
今日は天気が良かったら、上権現堂山~下権現堂山の周回をしようかと
考えていたのですが、あまりに風が強くなってきたので
天候がすぐに荒れてくると判断して
山頂手前で撤退してきたそうです。

明日は晴れるので、巻機山へ行くそうですが・・・・・
山キチガイですな・・・・
晴れる日にお山へいける人は羨ましい限りです。

DSC05302

10時45分

だいぶ休んだので
天気が荒れないうちに上を目指してみましょう。

この雪の感じならあと1時間はかからないと思います。
山頂直下がクラストしていなければいいのですが
アイゼンは持ってきていません。

DSC05303

下権現堂山

DSC05304

雪崩・・・・・
そこら中にクラックも走っていますので
どんどんと雪崩れますね。

DSC05305

だいぶ近くなった上権現堂山

このルートは尾根の上だけを歩くので
雪崩の心配はありません。
雪庇は発達していますので、右側(東側)だけは寄り過ぎないように注意です。

DSC05307

南は晴れているのか?
明るい空の色です。

DSC05308

振り返る。

DSC05309

全層雪崩。

DSC05310

上権現堂山の黒々とした大岩が近づいてきました。
この大岩は自宅の窓から眺めてもはっきりと見えます。

私は勝手に・・・・
あの大岩のあたりが今泉の昔話「弥三郎婆」さんの住処だと思っているのですが・・・・・
夏場は山頂から少し下ったところに
岩穴のようなところがあるらしいです。
行ったことがありませんが・・・・・・

DSC05312

先行者はここまでで引き返したようです。

DSC05314

大岩の左側から登っていきます。
ここからがこのルートの急登です。

DSC05315

大岩を横目に。

DSC05316

「オ~~イ」
「婆さ~ん」
「来たよ~っ」
と呼んでみたりしますが・・・・・・
影も形も見えず・・・・・

DSC05317

だんだんと傾斜がきつくなってきました。
雪が少し積もっているので、登りにはワカンでも問題なしです。

DSC05320

DSC05321

一番の急登。

春先はのっぺらぼうな斜面がカリカリにクラストしたりするので
アイゼンがほしいところです。

DSC05322

山頂はあそこです。

上権現堂山の山頂部分はとても広く平坦。

DSC05323

11時20分

喘ぎながら急登を登り終えると
あとひと上り20分くらい登れば山頂です。

相変わらずビュービューと猛烈な風が吹き付けています。
新雪は粉雪となり、地面をクルクルと舞っています。

比較的いい調子で登って来られたので
なんとかお昼前につきそうです。

 

つづく・・・・・

 

Twitterボタン
ツイッターやってます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。