3D COATリトポモデルをZBrush4でProjectionする。

ZBrush4で適当につくったモデルを
3D COATを使ってリトポロジー。

3D COATリトポモデルをZBrush4にインポートして
適当モデルのディテールをProjection(転写)するやりかたを
OAKさんに教えてもらいましたので
覚え書きしておきましょうね。 😛

前回紹介したやり方は、嘘っぱちというか
全然ダメダメだったけど、
今度のは正解です。
SubtoolのProjectAllってものを使うやり方です。 :sd:

★クリックすると画像が拡大します。

ZBrush4で適当につくったモデルをロードして
最高SDivにします。

このモデルはポリゴンがデタラメで
SDiv4で95万ポリゴンもあります。
顔の細部のスカルプトをするには肝心の目や口などの
ポリゴンが粗くて使えません。

3D COATでRetopologyしたモデルをインポートします。

3D COAT自動Retopology方法は前回のものを参考に。

3D COATリトポモデルを好きなだけDivideします。
SDiv4まであげました。
129504ポリゴンです。

デタラメZBrush元モデルを表示して
Subtool>Appendから3D COATリトポモデルをAppendします。

デタラメZBrush元モデルのSubtoolに3D COATリトポモデルが入りました。

重なって2つありますね。
大きさが違っていたら、Scaleで大体同じ大きさになるようにしてください。

1.Subtoolの3D COATリトポモデルを選択します。

2.Subtool>ProjectAllをクリックします。

ProjectAllの設定を変えると形が変化しますので
お好みに合わせて。

アット言う間にProjectionされました。
デタラメZBrush元モデルとそっくり同じです。 😛

SDive1〜4も保たれていますので
ローポリもありますよ。
SDive4 129504ポリゴン。
細部のディテールを作り込むのにまだ2回くらいもDivideできますね。

後はデタラメZBrush元モデルをDeleteして保存ずればOK!です。

Subtoolスゴイ!!! 😯

Twitterボタン
ツイッターやってます!

“3D COATリトポモデルをZBrush4でProjectionする。” への3件の返信

  1. Subtoolは恐るべしですよ!

    ゴリゴリねんどさんはmodeもお買い上げのようで
    最強モデリングソフト-ベスト3を操るソフト使いになりますね。

    Subtoolは服を着せたり、何かをくっ付けたり、
    ポーズまでとれたりと……
    いろいろなことができますのでZBrushは手放せません。

  2. うおぉーーーーーっ
    マジでスゴイ!!これで3D-COATを併用して使う意味が出てきますね!!
    早速、注文してきますwww

    っていうか、こんなに簡単に実現できるんですね・・・・
    これなら、本当になんの躊躇もなく、細分化しまくって好き勝手にベースの
    モデルを作れますね・・・・分りやすい記事ありがとうございます~!

コメントは受け付けていません。